ときめくおしゃれを毎日GET!

ダヴ・キャメロン&ソフィア・カーソン来日! 可愛いすぎるディズニーアイドル♡

2017年10月21日
もしも『眠れる森の美女』のマレフィセントや『白雪姫』の継母イーヴィル・クイーンなど、ディズニーの名作アニメのヴィランズ(悪人)に子孫(ディセンダント)がいたら……? 驚きのアイデアをオリジナル・ムービー化し、友情や恋を描いた感動の青春ミュージカルとして大ヒットした「ディセンダント」の続編、「ディセンダント2」がついに10月21日(土)日本初放送! また11月22日(水)にはDVD発売&デジタル配信がスタート! 日本上陸を記念してマル役(『眠れる森の美女』のマレフィセントの娘)のダヴ・キャメロン、イヴィ役(『白雪姫』の継母イーヴィル・クイーンの娘)のソフィア・カーソンが初来日。差し入れたいちご大福とシャインマスカット大福に目を丸くし、口の周りを真っ白にしながら「おいしい〜♡」と大はしゃぎするチャーミングな2人に、作品の見どころや20代女子のホンネを語ってもらいました!
ノンノ12月号、読んでくれたよ♡(左)ダブ・キャメロン (右)ソフィア・カーソン
————2人が到着した空港には多くのファンが詰めかけていました。ファンミーティングなども行われましたが、日本の女の子と触れ合った印象は?

ダヴ「実は日本でのイベントがどうなるかまったく想像がつかなかったんだけど、あそこまで歓迎してもらえてすごくうれしかった! ノンノ世代の若い女の子たちから大人まで、本当にいろんな世代の女性が熱心に応援してくれたし、中には涙を流してくれる子もいたんです。本当に感激しました!」

ソフィア「私たちはこの作品の宣伝のためにメキシコからパリ、そして東京まで世界中を旅してきたのですが、多くの女の子たちにマルとイヴィを受け入れてもらえてとてもうれしいです。まるで幼い頃から見ていた夢を実現しているみたい!」
プライベートでも仲良しの二人! ファンからは「Dofia(ドフィア)」というカップルネームで愛されている。
————前作から歌もダンスもストーリーもパワーアップしていますが、「ディセンダント2」の見どころや、お気に入りのシーンは?

ソフィア「すべての撮影が特別な体験だったけど、ミュージカル・ナンバーは魔法のようでした。特にマルとイヴィが歌う『Space Between』という曲がお気に入り。2人の友情を描いた特別なシーンですし、撮影も素晴らしかった! あとは『Chllin’ Like a Villain』ね。メガホンを取ったケニー・オルテガ監督がマイケル・ジャクソンに対してオマージュを捧げたシーンでもあるの(※オルテガ監督は『マイケル・ジャクソンTHIS IS IT』を手掛けた人)。ぜひ見てほしいです!」

ダヴ「私も前作を撮影しているときから続編の撮影を心待ちにしていたから、すべてのシーンが特別。でもやっぱり『Space Between』は感動的だし、私とソフィアと監督とで、親密な関係を築いて作り上げた場面ね。撮影現場ではよく『リハーサルで魔法が起こる』と言うことがあるの。つまりリハーサルであれば失敗しても許されるから、緊張も感じずに全力を出せるということ。でもこの作品では監督を信頼していたから、すべての過程でそういう状況が生まれたの。あとはフィナーレのシーン! ダンサーたちが水浸しになりながらも、自分を解放して楽しんで踊っている姿を見ているだけでワオ♡ って感じ。彼らの表現する喜びを間近で見て感激しました」
1996年1月15日 生まれ(21歳) アメリカ合衆国ワシントン州出身
1993年4月10日 (24歳) アメリカ合衆国フロリダ州出身
————親友同士のマルとイヴィと同様、ダヴとソフィアも仲良しコンビ。お互いだけが知る「ここが好き」というポイントを教えて!

ダヴ「1作目のことをよく思い出すんだけど、当時私はダンスを踊ったことがなくてすごく緊張していたの。リハーサルで必死に踊っていたら、汗だくでベトベトになっちゃって。でもふとソフィアを見ると、彼女は素晴らしいダンサーだからまったく汗をかいていなくてツヤッとキレイな状態のまま。『どうしてこんなに違うの?』って思っちゃった(笑)。私はディランの子供たちを演じるキャストの中で2番目に若いから、ソフィアは本当のお姉さんみたいな存在かな。ダンスをちょっと踊れるようになってくると『コツをつかんだわね』と言ってくれたり、ある意味コーチのようなとても頼れる存在なの」

ソフィア「ありがとう(笑)。私がダヴに初めて会ったのは、ドラマ『うわさのツインズ リブとマディ』のオーディション。そこで素晴らしい演技を見せてもらったんだけど、『ディセンダント』で再会して感じたのは、彼女は自分の弱さや脆さを出すことを恐れない人だということ。カメラの前でもプライベートでも、感情をすごく豊かに表現できるの。今でも覚えているのは、1作目で初めて一緒に撮影したシーン。まだ自分たちの役に対して深く理解できていない状況で終わりのシーンを撮らなくちゃいけなくて。でも彼女は撮影がスタートして2秒くらいで涙を流したの。その涙がとても説得力のある感情豊かなものだったから、ワオ! と感激したわ」

What's New エンタメ 新着記事

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪