ときめくおしゃれを毎日GET!
カワイイ選抜 No.17 齊藤初音のブログ
齊藤初音

No.17 齊藤初音

22歳/大学4年生

好きなこと:旅行、ショッピング、食べること
ひとこと:ノンノをもっと盛り上げていけるように頑張ります!

360°キラキラの“ガラスの森美術館”

2018年5月19日
こんにちは!
カワイイ選抜の齊藤初音です。

今日は箱根にあるガラスの森美術館のことについてブログを書きたいと思います。
前回、前々回も箱根旅行についてブログを書いたのでよかったらぜひ見てみてください。
ガラスの森美術館とは、15〜19世紀にヨーロッパで栄えたヴェネチアン・グラスと近代ガラス作品が展示されている美術館のことです。

美術館は当時の貴族達が愛したガラスが展示されている「ヴェネチアングラス美術館」と、現代のガラスアーティストの方々の作品を見ることができる「現代ガラス美術館」の二つのエリアに分かれています。
建物だけでなく至る所にガラス作品が置いてありとってもキラキラした空間でした。
下の写真の右に見える翼を持ったライオンは“ヴェネチアの獅子”と言われており、イタリアの都市・ヴェネチアの象徴とされているものだそうです。

このライオンは美術館の至る所にいます!
正門玄関から入って真っ直ぐ庭園に向かっていくと、真っ先に見えるのがあの回路…!
「光の回路」という名前のガラスのアーチで、高さ9cm、長さ10cmとかなり大きいです。
まるで光の中にいるような感覚になります。

ここで使われているガラスは「クリスタル・ガラス」という太陽光と風向きによって光や色が変わるものなので、ずっと眺めていても飽きない美しさでした。
そして、美術館では本場ヴェネチアの文化に合わせて様々な企画やイベントが開催されています。

私が遊びに行った時は、世界三大カーニバルのひとつと言われている“ヴェネチア仮面祭”のイベントが開催されていて、ヴェネチアで作られた仮面やマントを無料でレンタルすることができました。

せっかくなので着てみました☺︎
この格好で館内を歩くと本当に中世のヨーロッパにタイムスリップしたような気持ちになりました。

そして偶然にも、ヴェネチアなど世界で活躍されているバイオリニストのアルベルト・デ・メイスさんの生演奏を聴くことができました。
15分の演奏ですが、心を掴まれっぱなしであっという間に時間が過ぎました。
館内で響くバイオリンの音を聴いて、どんどんと人がアルベルト・デ・メイスさんの演奏を聴くために集まってくるくらい惹きつけられる音色でした!

そしてヴェネチアングラス美術館で最も綺麗だなと感じた作品はこちらです。
19世紀にヴェネチアで作られた三面装飾鏡。
鏡だけでなくテーブル部分も繊細で美しくて、しっかり細部まで見たくなるくらい細かい…!

さらに嬉しいのは、このガラスの森美術館は館内全て写真撮影OKなんです。
綺麗だなぁと思った作品をどの場所にいても気軽にカメラに収めることができるので、後から見返すと二倍幸せな気持ちになる気がします^^
ガラスの森美術館のミュージアムショップではガラス作品はもちろん、ガラスを使ったアクセサリーなど沢山可愛らしいものが売られていました。

チョコレートでできたお花もありました!
ガラスの森美術館、とても1日だけでは回りきれないほど本当に至る所にガラス作品が置かれていて、何時間でもここだけで過ごせそうなほど濃密な空間でした。

そう思う方は他にも多いみたいで、なんと来場者の半分はリピーターの方だそうです☺︎
私も今回全てを回り切ることはできなかったので、また遊びに来た時にゆっくり鑑賞したいと思います。

ここまで読んでくださりありがとうございました。


齊藤初音

カワイイ選抜 No.17 齊藤初音のブログの新着記事

What's Newカワイイ選抜新着記事

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪