ときめくおしゃれを毎日GET!

ブログでていねい解説! 第1戦スケートアメリカ【フィギュアスケート男子】

第1戦アメリカ大会
Oct. 18-20, 2019

例年郊外の会場で開催されることの多かったスケートアメリカ。今年の会場は初開催となったラスベガス。ネオン煌めく大型のカジノホテルに併設された"オーリンズアリーナ"を舞台に、グランプリシリーズ初戦が繰り広げられた。日本からは、友野一希選手、島田高志郎選手が参戦。

ブログでていねい解説! 第1戦スケートアメリカ【フィギュアスケート男子】_1_1

グランプリシリーズ初戦の島田高志郎は、ショート、フリーともに一番滑走。 表情豊かに滑り上げ、存在を世界にアピール!

島田高志郎 しまだこうしろう

島田選手はショートプログラム1番滑走。緊張が高まる中、ステファン・ランビエールコーチといつものグ―タッチをしてリンクに向かった。 曲はせつない恋の物語を描いた「Stay」。冒頭のトリプルアクセルは加点の付く出来栄えで成功させたものの、次の4回転トーループが2回転になってしまい、ショートプログラムの必要要素を満たせず0点に。ショートプログラムは時間が短く、技の要素が少ないため全体の得点としては大きくマイナスとなってしまったが、スピンではレベル4を獲得するなど大健闘。演技後、大勢の観客を前に、その瞬間を噛みしめるかのようにゆっくり丁寧に頭を下げる姿が印象的だった。 フリープログラム「アーティスト」では、冒頭の4回転トーループで転倒してしまうも、その後集中を途切れさせることなく、基礎点の高いジャンプをすべて着氷させ、デビュー戦を総合10位で終えた。

島田高志郎のプロフィールを見る

4回転のコンビネーションジャンプを華麗に着氷。笑顔の友野一希が戻ってきた!

友野一希(とものかずき)

続いて友野一希選手のショート「The Hardest Button to Button」は、振付にコンテンポラリーダンスを取り入れた挑戦的なプログラム。このシーズンから新たに取り入れた4回転トーループなど、ジャンプの着氷が乱れるも、渾身のステップやスピンではレベル4を獲得し、8位からのスタートとなった。 フリープログラム「ムーラン・ルージュ」では、名前がなかなかコールされないというトラブルが。集中力を欠いてしまうのではと不安がよぎったものの、冒頭4回転トーループ、3回転トーループを鮮やかに決めると、会場が燃え尽くされてしまいそうな情熱的なステップやコレオで会場を湧かせ、総合5位に入った。

友野一希のプロフィールを見る

韓国のチャ・ジュンファン、フリーでは3種類の4回転ジャンプにチャレンジ!

チャ ジュンファン junhwan cha

ショートプログラム「アストル・ピアノミックス」は、冒頭の4回転サルコ―が2回転になってしまい、島田選手と同じくショートの要件を満たせず0点に。その後のジュンファンが得意とするセカンドにループを付けたコンビネーションジャンプ、トリプルアクセルでは加点が付く出来栄えで7位。今回初挑戦となるタンゴを妖艶に滑り上げた。 フリープログラム「The Fire Within」は、今季新たに組み込んだ4回フリップから始まり、サルコー、トーループと4回転が続く、非常に難しい構成にチャレンジ。ジャンプにミスはあったものの、ピアノの音色に合わせたスピンやステップ、美しいイナバウアーで観客を魅了した。まだシーズン序盤ということで、今後滑り込んで完璧なプログラムが披露されるのが楽しみである。

チャ・ジュンファンのプロフィールを見る

圧巻の演技でスケートアメリカ3連覇を達成したネイサン・チェン

ネイサン・チェン  Nathan Chen

ショートプログラム『ラ・ボエーム』では、4回転ジャンプ2本をすべて加点付きで着氷させ1位発進。エルトン・ジョンの半生を描いたフリープログラムの「映画『ロケットマン』より」では、後半の4回転トーループが2回転になる珍しいミスがあったものの、全てのジャンプを高い出来栄え点を付けて着氷。先日のジャパンオープンでも話題になったヒップホップを取り入れたステップは、歓声で音楽が打ち消されるほどの大盛り上がり。2位に大差をつけ優勝、スケートアメリカ3連覇を果たした。

ネイサン・チェンのプロフィールを見る

2位に入ったのはアメリカのジェイソン・ブラウン。4回転ジャンプ無しの構成ながら、持ち前のスケーティングスキルと表現力の高さで観客を引き込み、アメリカ勢ワンツーフィニッシュを決めた。 3位はロシアのドミトリー・アリエフで、シニア初のグランプリシリーズメダルを獲得した。

● 結果

順位 選手名(国) 総合 SP FS
1位 ネイサン・チェン(USA) 299.09 102.71 196.38
2位 ジェイソン・ブラウン(USA) 255.09 83.45 171.64
3位 ドミトリー・アリエフ(RUS) 253.55 96.57 156.98
4位 キーガン・メッシング(CAN) 239.34 96.34 143.00
5位 友野一希(JPN) 229.72 75.01 154.71
6位 ボーヤン・ジン(CHN) 224.98 74.56 150.42
7位 オレクシイ・ビチェンコ(ISR) 219.70 79.76 139.94
8位 チャ・ジュンファン(KOR) 219.67 78.98 140.69
9位 アレクセイ・クラスノジョン(USA) 216.59 72.30 144.29
10位 島田高志郎(JPN 216.22 72.12 144.10
11位 ミハル・ブレジナ(CZE) 213.17 81.11 132.06
12位 ロマン・サヴォシン(RUS) 182.16 57.92 124.24

今後大会ごとに続々更新予定! 更新をお楽しみに。

他のイケメンフィギュア男子を見る

Index

What's Newフィギュアスケート 新着記事

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪