ときめくおしゃれを毎日GET!

【Zoff】恐怖の“デジタル時差ボケ”にはブルーライトカットめがねで打ち勝つ!

こんにちは、編集Hです!

突然ですが、最近、「普段と同じ時間にベッドに入っているのに寝付けない」、「なんとなく目覚めが悪いような……」と感じたことはありませんか? 私は、在宅勤務が始まった4月頃からそのような体験がしばしばあったものの、「活動量が減ったから身体疲れていないのかも」と思って過ごしておりました。そんな時にネットで目にした「デジタル時差ボケ」という言葉。恐る恐る詳しく調べてみると、怖すぎる事実をたくさん知ることに……。今回は、スマホ世代の皆さんにも身近で、当てはまる人も多いであろうこの現象について詳しく紹介していきます。また、おすすめの対策「Zoffのブルーライトカットレンズ」についてもご紹介していきます。

 

 “デジタル時差ボケ”って?

PCやスマホなどから発せられるブルーライトは、太陽光にも含まれており、“睡眠ホルモン”と言われるメラトニンの分泌を抑制することで、人間の体内をコントロールしています。

本来ならば、ブルーライトは太陽光で浴びるのが適量と言われているのですが、近年の私たちは長時間の動画視聴、SNSパトロール…‥と昼夜問わず大量のブルーライトを浴び続けています。その結果、メラトニン分泌のバランスが崩れてしまい、睡眠のリズムが乱れて身体が常に“昼夜逆転状態”に! この現象を「デジタル時差ボケ」といいます。

また、メラトニン分泌のバランスが崩れたことによる悪影響は睡眠に限ったことではありません。なんと、女性ホルモンのバランスも乱れ肌荒れや生理痛なども悪化させる要因にもなるのです。

目に見えない、しかも日常的に浴びているブルーライトがこんなに怖いものだったなんて衝撃ですよね……。避けたくても避けられないこのブルーライトですが、きちんと対策はあるのでご安心を。

それは、ズバリ「ブルーライトカットめがね」です!

【Zoff】恐怖の“デジタル時差ボケ”にはブルーライトカットめがねで打ち勝つ!_1_1

Zoffでは、従来3000円に設定していたブルーライトカットレンズの追加料金を、この春より0円に価格改定をしたそうです。普段眼鏡をかける人もそうではない人にとっても嬉しいニュースですよね♡

そんなZoffの、数あるラインナップの中から、おうち時間やテレワークにおすすめの3本をご紹介いたします! Zoffのブルーライトカットレンズは「50%カット」と「33%カット」を選ぶことが出来るので、レンズ色の比較にも参考にしていただければと思います!

 

 1.Zoff PC

【Zoff】恐怖の“デジタル時差ボケ”にはブルーライトカットめがねで打ち勝つ!_1_2

品番:ZN201P02_49A1(33%カット)・ZN201P01_49A1(50%カット)/¥5000

こちらは、フレームにブルーライトカット度なしレンズがセットされた完成品「ZoffPC」。比較的安価で購入できるモデルです。Zoff PCにはいくつか種類があるのですが、私が選んだのはこの「ボストン型」と呼ばれるレンズの形。というのも、大きな曲線を描く丸いフレームが女性らしさを演出してくれて、優しげな表情に見せてくれるそう♡ ブルーライト対策だけでなく、印象まで変えられるなんて一石二鳥だなと思いました!

【Zoff】恐怖の“デジタル時差ボケ”にはブルーライトカットめがねで打ち勝つ!_1_3

また、“抱き込みテンプル”と呼ばれる設計も特徴。このように、指でくにゃりと曲げられるほどつるの自由度が高いので、頭部を抱き込むかのようなフィット感に感動しました! これなら長時間かけていても疲れづらそうですね。

50%カットレンズと35%カットレンズを並べた写真はこちらです。

【Zoff】恐怖の“デジタル時差ボケ”にはブルーライトカットめがねで打ち勝つ!_1_4

 

 2.Spring Princess Series Classic Line(白雪姫)

【Zoff】恐怖の“デジタル時差ボケ”にはブルーライトカットめがねで打ち勝つ!_1_5

品番:ZF202003_43E1/¥10000(フレーム+セットレンズ代込)

こちらは、白雪姫とのコラボデザインです。

少し赤みがかかった深いブラウンのフレームは肌馴染みも良く、アクセサリー感覚でかけることができます。つるはピンクゴールドなので、横を向いたときにキラリと光を反射するのも可愛い!

友人とのオンライン飲み会でも「いつもと雰囲気違うね」と褒めてもらえそう♡

【Zoff】恐怖の“デジタル時差ボケ”にはブルーライトカットめがねで打ち勝つ!_1_6

そして、サイドには、物語の鍵となるリンゴをあしらったモチーフが…♡

つるの先端にはドレスのパフスリーブを再現したメタルパーツも付いており、さりげないポイントがプリンセスファン心をくすぐります!

50%カットレンズと35%カットレンズを並べた写真はこちらです。

【Zoff】恐怖の“デジタル時差ボケ”にはブルーライトカットめがねで打ち勝つ!_1_7

 

 3.Zoff SMART Skinny

【Zoff】恐怖の“デジタル時差ボケ”にはブルーライトカットめがねで打ち勝つ!_1_8

品番:ZJ71017_B-1/¥10000(フレーム+セットレンズ代込)

発売以来大人気の「ZoffSMART Skinny」シリーズは、フレームの重さが7.7gという衝撃の軽さ。

実際にかけてみても、かけているか分からないレベルです。

【Zoff】恐怖の“デジタル時差ボケ”にはブルーライトカットめがねで打ち勝つ!_1_9

また、鼻パッドと、耳にかかるつるの端がゴムでできており、長時間かけても疲れにくいのが特徴。

さらに、そのパーツは自分でかかり具合を調整できる素材なので、ズレ落ちづらく、ストレスなくかけることができます。

このような機能性はもちろん推しポイントですが、レンズが大きめなのですっぴん隠しに大活躍しそうだなと思って選びました! 急なオンライン飲み会でも、サッとかければフレームのおかげで目元の印象が強くなったり小顔に見えたりなど、素顔をカモフラージュできるはず。1本持っておくと便利かもしれません♡

50%カットレンズと35%カットレンズを並べた写真はこちらです。

【Zoff】恐怖の“デジタル時差ボケ”にはブルーライトカットめがねで打ち勝つ!_1_10

 

 実際に使ってみて…

実際にブルーライトカットめがねをかけて過ごしてみたところ、1日の終わりに感じる目の疲れがかなり改善されてびっくり。50%カットだと、少し視界が青みがかるものの作業に集中できないほどではありませんでした。

ですが、少し気になる方は33%カットでも十分違いを実感できるかと思うので、まずは33%カットから試してみるのもおすすめです。

恐怖の“デジタル時差ボケ”に打ち勝つために、ブルーライトカットめがねでしっかり対策をしておうち時間を楽しみましょう♡

▼この記事を書いたのは...

編集 H

編集 H

入社2年目。主にファッションを担当。フェミニンな服が好きで、最近は大人っぽく見えるコーデを研究中。趣味は読書と美少女鑑賞です。

What's Newライフスタイル 新着記事

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪