恋活non-no Web Supported by タップル誕生

Supported by タップル誕生

『タップル』で出会って結婚したカップルに根掘り葉掘り聞きました

PR

タップルで結婚したカップルに根掘り葉掘りインタビュー

趣味でつながる恋活サービス『タップル』を通じて出会い、1年間の交際期間を経て結婚したカップルにインタビュー! 『タップル』を始めたきっかけからお互いの第一印象、結婚を決めるきっかけまでリアルな話を聞いちゃいました♡

『タップル』で出会って結婚したカップルに根掘り葉掘り聞きました_1_2
優衣さん(23歳)

優衣さん(23歳)

看護師。2019年7月から『タップル』に登録。同年8月に拓人さんと出会って交際をスタートさせ、今年8月に入籍♡ 「『タップル』に登録した条件は、同業以外の社会人で年上の男性。話や趣味が合うことが第一条件でした」

拓人さん(32歳)

拓人さん(32歳)

会社員。2019年6月から『タップル』に登録。美術館巡りが好きで芸術系や音楽などの趣味タグを選択。「“自分らしさ”をある程度抑えないと出会いはないと思っていたけど、全然そんなことありませんでしたね」

Q.1 『タップル』を始めたきっかけは?

江野沢愛美

優衣さん

大学は女子大で、職場も仕事柄女性が多いので出会いがなくて……。マッチングアプリを使っている子にすすめられ、“いい出会いがあったらいいな”と思って友達と一緒に登録してみました。『タップル』はすごく細かい種類の趣味タグがあるから、より好きなものが近い人に出会えるし、好きなことをアピールしやすいと思います

拓人さん

拓人さん

じつは元カノに浮気されて別れたんですが(笑)、その後も出会いはないし、年齢的にも結婚を考えていたので登録しました。もし話が合う人と出会っておつきあいができたら、いずれは結婚したいなと考えていました

Q.1 『タップル』で何人ぐらいとやりとりした?

拓人さん

拓人さん

やりとりしたのは3〜4人で、実際に会ったのは2人。会ってみないと分からないことも多いので、メッセージのやりとりをして趣味が合いそうな人と会うようにしました。ところが、途中でメッセージのやりとりができる有料会員の期限が切れて、彼女(現在の妻)と2週間ぐらい音信不通になってしまって……やりとりも楽しかったし、どうしても会いたかったので有料会員に復活した後、諦めきれずにダメ元で連絡したんです。返信をもらえた時はホッとしました(笑)

江野沢愛美

優衣さん

私も3〜4人とやりとりしたけれど、実際に会ったのは話が弾んだ彼だけ。お互い美術館へ行くのが好きでプロフィールにも書いていたから具体的な話ができたし、他の話もしやすくて会ってみたいなと思ったんです。他の人は、やりとりをしていても時間があいたり途切れがちだったりして、ちゃんと関係が続くのかな?って疑問に感じたので会う気にはなれませんでした。彼と連絡が途切れた時は落ち込んだけど、再び連絡がきた時は嬉しかったです。理由もちゃんと説明してくれたので信頼できました

Q.1 どんな流れで会った? 第一印象は?

江野沢愛美

優衣さん

私は看護師で不定休なので、休みの日にいきなり『今日、会えますか?』ってメッセージして(笑)。彼は残業を切り上げて会いに来てくれたんです。私が行った美術館を話題にしてくれたり、好きな音楽とか共通点も多くて盛り上がりました。しかも、私が好きなアーティストの作品を彼が部屋に飾っているという偶然も重なって、すごく惹かれましたね。年齢も業種も違うし、『タップル』を使っていなかったら彼とは出会えなかったと思います

拓人さん

拓人さん

当たり障りのないプロフィールが多い中で、『一人で美術館に行っています』と書いてあったんです。おもしろい子だなと思っていたんですが、実際に話してみたら印象もよくて。『Spotify』でマニアックな曲を二人とも聴いていたり、部屋が片付けられなかったりとか(笑)、お互いのダメな部分を正直に話せたのもよかったですね。見ているものや感じることが似ていたので、すごく楽しかったし、ちゃんとおつきあいしたいなと思いました

Q.1 どんなデートをしていた?

『タップル』で出会って結婚したカップルに根掘り葉掘り聞きました_1_3
江野沢愛美

優衣さん

私の休みが不規則なので、会えそうな時間を見つけてこまめに会う感じでしたね。休日には、実家の愛犬を連れて一緒にドッグランへ行ったり。犬と一緒に遊んでいる姿を見ていて『彼なら子どもも可愛がってくれそうだな』って思えたし、将来のイメージが自然とわくようになりました

『タップル』で出会って結婚したカップルに根掘り葉掘り聞きました_1_4
拓人さん

拓人さん

お互いの休みが合わないので僕の仕事終わりに車でドライブしてご飯に行ったり、予定が合う休日は美術館へ行ったりしましたね。最初に会った日にすごく素敵な人だと思ったので、2回目のデートで『将来を見据えたおつきあいがしたい』と伝えました。ありがたいことに彼女の家族とも仲よくさせてもらっていて、今も週1回ぐらいのペースでご飯を食べにお邪魔しています

Q.1 結婚を意識したのはいつ? きっかけは?

江野沢愛美

優衣さん

わりと早い段階から、結婚したいと考えるようになりました。彼の友達に紹介してもらうと子どもがいる人も多かったし、自然に“自分たちもそうなれたらいいな”と思えるようになりました。今年の1月に同棲を始めてからは、『早く結婚しよう』ってプッシュして(笑)。実家に行くと母も『今日、お父さんに結婚するって言っちゃいなさいよ!』と言うぐらい賛成してくれていたし、この人とだったら幸せな家族がつくれそうだなってイメージも持っていたので、私がリードした感じですね

拓人さん

拓人さん

結婚はつきあう時から考えていました。年の差もあるし、きちんとご両親にも挨拶しておきたかったので、彼女が実家で飼っている犬をドッグランに連れて行く時に『結婚を考えておつきあいをしています』と伝えて。ただ、具体的なタイミングは決めかねていたんですが……ある日、彼女のリクエストで結婚式場の見学に行くことになって(笑)。そこから具体的に話が進んでいきました。同棲も結婚も彼女からリクエストしてもらえたので、自分としてはありがたかったです