ときめくおしゃれを毎日GET!

七瀬が思う友達論【乃木坂46西野七瀬のななせるふ。】

2017年5月14日

乃木坂46西野七瀬のななせるふ。「友達」

自分から話しかけるのが苦手な七瀬が3期生のみんなに伝えたいと思っていることは?
ブラウス¥7800/ココ ディール キャップ¥2990/バロックジャパンリミテッド(SLY) 

高校入学前は、友達作りに対して不安があった

 休み時間になれば自然と教室の片隅に集まって、他愛のない話で盛り上がったり、食堂で買ってきたフライドポテトを頬張ったり。学生時代の私にとって、友達は、学校に行けば当たり前のように顔を合わせることができる存在でした。

 中学の頃は、一人で窓際の席から体育館の屋根の上を歩くカラスを眺めて過ごした時期もあったし、決して数が多くはないものの、かけがえのない時間を過ごしたクラスメイトや部活の仲間は、今でも大切な友達。直接会う機会はなかなかないけれど、「最近どうしてるのかな?」って気になった時に連絡をとり合う、そんな距離感を心地よく感じています。と言いつつ、私はメッセージのやりとりをしている途中で離脱しちゃうことも少なくないんですけど……。せっかく送るからには内容をじっくり考えたくて、まる1日たってから返事を送ることもあります。この間も、ライブを見に来てくれた友達からの感想メールに対する返事を一度寝かせて、文章を考えました(笑)。

 私が高校進学を控えていた頃に周りで流行っていたのが、入学前から同じ高校に進む子同士が知り合って、ごはんを食べに行ったり、プリントシールを撮ったりして親しくなること。当時、私はその波に完全に乗り遅れていたので、高校でちゃんと友達ができるか不安で……。だけど、たまたま一人の女の子に連絡をもらったことがきっかけで、入学後にはその子を通じて他の子たちとも仲よくなれて、最終的には12人くらいのグループでよく遊んでいました。

 2年になると、1年の時に「可愛くておしゃれだな」と思いながら見ていた子とも友達に。親しくなってみたら、意外にも人を笑わせるのが好きなおもしろいキャラの子だと分かってビックリしたこともありました。人見知りで、自分から話しかけることが苦手な私に素敵な友達ができたのは、つくづく周囲の人たちに恵まれていたおかげだなって感じています。
 
 お仕事を始めてからは、新たな環境に飛び込んだり、初対面の方とご一緒したりする機会が一気に増えました。でも“初めまして”の場で自分から話しかけられないところは昔のままで、それは乃木坂46に新しく加入した3期生に対しても同じ。「頑張ってほしい」と願いながら、見守っているスタンスです(笑)。

 自分の思いを直接言葉にすることは少なくても、あいさつをきちんとする、スタッフさんの指示にしっかり返事をする……。そういう当たり前の行動を私自身がより徹底することで、3期生のみんなに何かを感じ取ってもらえたらいいな、と思っています。
illustrated by nanase
毎年この時期になると、実家の前にツバメの巣が。ヒナたちが口を大きく開けてお母さんの帰りを待つ姿が可愛かった♡
★どいやさん=名づけ親は、なぁちゃんが高校に入って最初に仲よくなった友達。


七瀬の心に響いたメンバーからの言葉はノンノ6月号をチェックしてね!

ノンノ2017年6月号掲載

What's New西野七瀬 新着記事

Rankingランキング

ONE PIECE × non-no web 誕生日別★毎日占い

(C)尾田栄一郎/集英社

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪