大学生の支持率No.1メディア

50万人が熱狂! 国内eスポーツ史上最多動員数を記録した『VCT 2022 Challengers Japan Stage2』を徹底レポート!

世界的に人気のゲーム『VALORANT(ヴァロラント)』の日本代表を決める国内予選、『VCT 2022 Challengers Japan Stage2 Playoff Finals』が、さいたまスーパーアリーナで6月25日、26日の2日間にわたって開催!

会場には、国内のeスポーツ大会としては史上最多となる26,000人のファンが集結し、同時生配信された大会の様子は最高同時視聴者数50万人を記録。多くのeスポーツファンが注目する2日間となりました。(動員数、視聴者数ともに2日間合計)

会場を埋め尽くす、eスポーツファンの皆さん

今回non-no webでは、そんな『VCT 2022 Challengers Japan Stage2』決勝戦の様子をレポート! 大盛況に終わった有観客大会を振り返りながら、これからさらなる盛り上がりが期待される、eスポーツの魅力に迫ります!

猛暑日に負けない、eスポーツファンの熱量!

グッズ列に並ぶファンの皆さん

大会が開催された2日間、さいたま市の気温は35度を超える猛暑日。数分立っているのもつらい暑さの中、会場に集まったファンの皆さんの熱量は気温と同じくらい、もはやそれ以上⁉︎
グッズ販売には1,000人を超える長い列ができ、一時は会場を半周するほどに。この日を待ち侘びた皆さんの高揚感が伝わってきました。

入場時には1人1人にスティックバルーン(バレーボールの試合などでよく見られる、筒状のバルーン)が配られ、いよいよ会場内へ。集まったファンの皆さん全員が、ここまでの規模のeスポーツ大会は初めて。会場はそわそわとした緊張感に包まれていました。

会場に設置された大型スクリーン

会場に入ってまず圧倒されるのが、やはり会場の大きさ。数々のビックマッチが行われてきた日本最大のアリーナ会場で、これから本当にeスポーツの試合が開催されるんだ…と、やっと実感がわいてきます。
さらに、センターステージの上部に4方向に向けて設置された大型スクリーンは圧巻。普段は自宅のPCやスマートフォンで見ているゲームを、これだけ大きな高画質のスクリーンで見られることに感動しました。

また、印象的だったのはタブレットの画面に自作のイラストや応援メッセージを表示させ、選手にアピールする“デジタルボード”。アイドルのコンサートで見られる応援うちわや手書きのボードとは違い、暗い会場内で明るく光るデジタルボードは存在感抜群! ファンの皆さんの個性的なメッセージやイラストが会場を彩っていました。

ついに選手入場!

NORTHEPTIONの皆さん 集合写真
(左から)JoxJo(ジョジョ)選手、Meteor(メテオ)選手、Derialy(デリアリー)選手、bail(バイル)コーチ、BlackWiz(ブラックウィズ)選手、xnfri(ゼンフ)選手

実況の呼びかけとともに暗闇に選手のシルエットが浮かび上がる演出に、会場のボルテージは最高潮! 少し緊張した面持ちながら、強い眼差しでステージに向かう選手の姿に、すでに涙を拭うファンの姿も見られました。

ステージ上で選手が向き合うと会場は緊張感に包まれ、ぐっと引き締まった雰囲気に。選手を実際に目の前にするというのは、オンラインで観戦するよりもここまで高揚感が違うのかと、有観客大会の醍醐味を早くも実感しました。

ZETA DIVISIONの皆さん 集合写真
(左から)Dep(デップ)選手、crow(クロウ)選手、SugarZ3ro(シュガーゼロ)選手、TENNN(テン)選手、Laz(ラズ)選手、XQQ(エックスキュー)ヘッドコーチ

決勝戦は、前回の国内予選大会で優勝しアイスランドで開催された世界大会に出場、世界3位の成績をおさめ国内外にその名を轟かせたZETA DIVISION(ゼータディビジョン)対、悲願の日本一を目指すNORTHEPTION(ノーセプション)。

NORTHEPTION は現在ZETA DIVISIONに所属するSugarZ3ro選手とTENNN選手が昨年まで所属していたチームでもあり、両チームにとって絶対に負けられない一戦です。

目の前でプレイする選手の姿に感動!

向き合って座る両チームの選手

選手は会場のセンターに設置されたステージに向かい合うように座り、ついに試合が始まります。選手の集中力がどんどん高まっていくのを雰囲気で感じられるのも有観客大会ならでは。0.1秒の判断力が勝敗を分ける『VALORANT』、選手たちが凄まじい集中力で一瞬を争う戦いをしていることが伝わってきました。

プレイ中のDep選手

さらに、ポイントを取られた際の悔しそうな表情や、真剣な眼差し、チームメイトのスーパープレイを笑顔で讃える姿など、オンラインでは見られない選手のリアルな姿に会場は熱狂! 選手の熱量に引っ張られるように観客のボルテージもどんどん上がり、スティックバルーンを叩く勢いも増します。


特に、ポイント差をつけられてから追い上げるようなシーンや、選手の個人技が光ったシーンではスティックバルーンの破裂するような大音量がアリーナに響きわたり、会場は凄まじい一体感に包まれました。

優勝はNORTHEPTION!

優勝トロフィーを掲げ喜ぶ、NORTHEPTIONの皆さん

両チーム一進一退の攻防を競り勝ったのはNORTHEPTION! チーム創設以来、初めて国内大会での優勝を果たし、来月デンマークのコペンハーゲンで行われる世界大会『VALORANT Champions Tour 2022 Stage2 Masters』への切符を勝ち取りました。


また、惜しくも連覇を逃したZETA DIVISIONは、9月にトルコのイスタンブールで開催される、年間成績上位チームのみで年間チャンピオンの座をかけて争う、シーズン最後にして最大の世界大会『VALORANT Champions 2022』への出場の可能性を残す結果となりました。

これからも国内のeスポーツシーンから目が離せない!

新しい王者の誕生にわく、会場の皆さん

大盛況で幕を閉じた『VCT 2022 Challengers Japan Stage2 Playoff Finals』。動員数や会場の規模以上に、実際に観戦したファンの皆さんに残った“eスポーツの観戦体験”は、これから日本国内でeスポーツシーンがさらに盛り上がっていくための大きな力になるはず。会場で実際にファンの皆さんと熱狂を共有して、そう強く思いました。


大会に関わったすべての皆さんによって、この日が日本のeスポーツシーンにとって歴史的な1日になったことは間違いありません。今後のさらなる盛り上がりに期待するとともに、次回開催の有観客大会が今から楽しみです!

▶︎RAGE 公式サイト

▶︎VALORANT 公式サイト

▶︎NORTHEPTION 公式サイト

▶︎ZETA DIVISION 公式サイト

non-no webでは、ZETA DIVISIONの特集記事を掲載中♡

大会前にお話をうかがったリーダーのLaz選手のロングインタビューでは、選手のeスポーツにかける熱い思いが感じられ、『VALORANT』観戦がもっと楽しめるようになる内容になっています。ぜひ、チェックしてください!

ZETA DIVISIONの特集記事はこちらから!

取材・文/荻窪優

What's Newエンタメ・カルチャー 新着記事

Rankingランキング

Magazine試し読み

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪