ときめくおしゃれを毎日GET!

子供っぽく見えないのに可愛い! 基本の「ピンクアイメイク」教えます★

2018年2月5日
定番かつ、今季のトレンドでもあるピンク。隠れたお悩みや苦手意識を克服して、可愛さを最大限に引き出す…… そんな、ピンクメイクの正解を伝授!

子どもっぽくならずに可愛い♡ 基本のピンクメイク【目元編】

ピンクシャドウでデカ目になる最大のポイントは、締め色の代表・ブラウンをベースに仕込むこと!

目元に使うのはこの3つ!

1 ふんわり優しいマットな質感が今っぽい! クリアなピンクとニュートラルなブラウンベージュ、ダークブラウンのセット。マットクチュール アイズ 02 ¥5000(限定品)/ジルスチュアート ビューティ

2 なめらかな描き心地でしっかり密着。スティロ ユー ウォータープルーフ 20 ¥3000/シャネル

3 ひと塗りでぐんと長く。くっきり華やかなまつげに。モテマスカラ NATURAL 1 ¥1800/フローフシ

▼ 8ステップをチェック!

1/6

2/6

3/6

4/6

5/6

6/6

①ブラウンベージュを広げる
Aを指の腹で取り、キワからアイホール全体にぼかし込む。ほんのりと深みを出すイメージでなじませて。
②ダークブラウンをキワに
Bを細いチップで取り、まずは黒目の上から目尻まで2回。さらに目頭から目尻にまで1回。二重幅に重ねて。

③茶ラインで目元を強調
ペン先を左右に細かく振りながら、目尻から目頭に向かってまつげの隙間を埋める。その後上まぶたのキワにも目尻から目頭に向かってラインを入れる。
④ピンクで上下をぐるり!
Cのピンクをブラシで取り、上まぶたはキワをあけてアイホールに、下まぶたは全体にふんわりとのせ囲む。

⑤くっきりパッチリまつげに
まつげを根元からしっかり立ち上げるようにして黒マスカラを。下まつげはブラシを縦にして、軽く塗って。

⑥ピンクを重ねて濃度をUP
Cを指で取り、目を開けた時にちゃんと見える位置にぽんぽんとピンクをのせるよ。置くようなイメージで◎。

▼ How Toを動画でチェック!

20歳からのピンクはちょい大人な”微糖”テイストでいく♡
ニット¥8800/RD ルージュ ディアマン イヤリング¥2600/ルイ・コーポレーション(phoebe)
ノンノ2018年3月号掲載

▼ 関連記事もチェック!

What's Newビューティ 新着記事

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪