ときめくおしゃれを毎日GET!

このテク一生モノ★奥二重&一重さんのブラウンアイライン、自然なデカ目を作る描き方を超ていねい解説!

2018年4月20日
どんな目の形の人も、自然なのに大きくてキュートな理想の目元が叶う! ブラウンのリキッドアイライナーを使った奥二重さんと一重さんの詳細プロセスから旬ワザまでを、一挙大公開!

目の形別!

大きくて可愛い目を叶えるBESTアイラインの描き方

二重も奥二重&一重も、今よりもっと大きく魅力的な目にアップデートできるアイラインの描き方を、目の形別に教えるよ。マスターして自分史上最高のデカ目になっちゃお♡

(左)ベージュブラウン&ブラウンアイシャドウ

肌なじみのいいベージュブラウン、目尻をぼかすブラウンが入ったパレットを使用。レ キャトル オンブル 204¥6900/シャネル カスタマーケア

(右)ダークブラウンのリキッドアイライナー

奥二重&一重さんの目元には、細い線や点でも存在感を出してくれるダークブラウンがおすすめ。キャンメイク ラスティングリキッドライナー 02¥900/井田ラボラトリーズ

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

①ベージュブラウンを二重幅を避けてのせる
奥二重さんは二重の線より上のみに、一重さんは目のキワ2mmくらい外してアイシャドウをのせるのがルール! アイシャドウ左上のベージュブラウンをチップに取り、写真の☆の部分にのせる。
②まつげはビューラーで軽く上げる程度でOK
奥二重&一重さんも、二重さん同様、インラインを見やすくするため、アイラインを描く前にビューラーを。まつげをカールしすぎると二重幅が隠れてしまうので、力を入れすぎず、軽くで◎。
③まつげとまつげの根元の隙間を"点"で埋める
奥二重さん&一重さんの目は、フレームをきっちり埋めすぎると、かえって小さく見えてしまい逆効果に! インラインはまつげの間を"点"で埋めていき、適度に隙間が見えるくらいがベスト!
④上まぶたのキワは黒目の外側から目尻+2〜3mmのみ!
上まぶたのアイラインは、目尻側にピンポイントでIN! 黒目の外側から目尻+2〜3mm程度まで細く線を描き、目の横幅をアップさせて。最後ははね上げず、まぶたのカーブに沿う自然なラインを。
⑤ブラウンアイシャドウで目尻をぼかしてなじませる
アイシャドウ右下のブラウンをチップに取り、で描いたアイラインの上をなぞる。ラインが自然になじみ、目の印象が優しく♡ ナチュラルなデカ目を叶えるには、最後のひと手間が肝心です!
動画でもプロセスをチェック!

キツくないのに優しく大きく! 誰もが惹き寄せられる目力が

▼ 2ページ目で最旬アイレシピをチェック!

What's Newビューティ 新着記事

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪