大学生の支持率No.1メディア

【松島聡(Sexy Zone)】"シミラールック"はアリ? ナシ? メンバーのなかで一番おしゃれなのは?

talk with 松島聡

ノンノ7月号に 松島聡さん(Sexy Zone)が登場。テーマは"恋人とのシミラールック"。シミラールックや、メンバーにまつわるインタビューをお届け! 気になるコーデは本誌でCheck!

シミラールック、大好きです!

ノンノ7月号で幅広い7つの着こなしを披露してくれた松島さん。着替えてカメラの前に立つたび、その表情や雰囲気までもガラリと変え、現場スタッフを驚かせた。

「いろんな表情を見せたいと常に思っているので、それが叶ってうれしかったです。どれも好きだったけど……デートで着るなら、カジュアルさときちんと感のバランスが絶妙だったプレッピーのコーデ! おしゃれな街でお買い物とかしたいですね。リアルに挑戦したいのは、Tシャツ×デニムのストリートスタイル。定番だけど、実は私服だとあまり着たことがなくて。僕、最近サーフィンに興味があるんですよ。あのカッコしてボードを担いで歩いてたら、それだけでキマりそうじゃないですか!? 昔からファッションは大好きで、街でも男女問わず服を目で追っちゃいます。服を選ぶ時のルールもなし! メンズ、レディース関係なく見て回って、直感で好き! と感じたものを買うようにしています。じゃないと、永遠に迷っちゃう(笑)」


テーマは"恋人とのシミラールック"。ズバリ、アリ? ナシ?

「大アリ! むしろ、めっちゃ憧れます!! 今気になってるストリート系の着こなしでやったら、絶対可愛いですよね。今回着たようなコーデもいいし、パーカの色をリンクさせて、それぞれスキニー合わせするとか! ソックスの柄をそろえるのもいいなぁ。でもテーマパークに行くなら、さりげないシミラーよりも、がっつりペアルックがしたいです。もちろんキャラクターのアイテムで! パーク内のお店で一緒に選んで、着替えてから回るのが憧れ。選び合う時間も楽しいし、思い出がより濃いものになると思うから。コンサート会場でも、ペアルックのカップルの方はすごく目立つんですよ。僕が憧れているから、無意識に注目しちゃってるのかな? そうだ、あと、恋人同士でアイテムをシェアするのも素敵ですよね。デイリーに共有するのもいいけど、急きょ泊まった翌日、着る服がなくて仕方なく……みたいなシチュエーションもたまらない(笑)。ベタだけど、ダボダボのシャツ姿とか。想像するだけでキュンとします♡」


瞳をキラキラとさせながらそう語り、「僕、恋人とはすべてを共有したいタイプなんです」と断言!

「だからといって、すべてのことで共感する必要はなくて。それぞれの考え方をきちんとシェアして、理解し、尊重し合うことが大事だと考えています。ただ、仕事に対する姿勢や価値観は似ているとうれしいかな。僕にとって一番大切で頑張っていることだから、その分、ストレスやプレッシャーを感じることも多い。疲れて彼女のもとに帰った時に、素直に相談できる関係が理想ですね。"うんうん"と話を聞いてもらうだけで、気持ちってラクになるから。趣味嗜好の相違はまったく気にしないし、逆に、合わないほうがいいかも。僕が好きなアートを教えて、彼女の好きな趣味について教えてもらう。新しいことを知れば知るほど、世界はどんどん広がりますもん!」

松島聡が考えるメンバーとの共通点

そう明かした恋人との理想の関係性はまさにSexy Zoneのメンバーとの関係性そのもの。松島さんが思う、メンバーと"シミラー"な部分は?

「うーん……それぞれの個性が強すぎて、似ているところがあまりないんです(笑)。それが僕らの強みでもあるんですけど。一番シミラーな部分が多いのはマリ(マリウス葉)かな。芸術面でのセンスが似ていて、ファンタジーな世界観が好きなんです。二人でコンサートをした時も、意見が割れないから、いろんなことがとんとん拍子で決まりました! (佐藤)勝利とは、人に対する感性が近い。僕と繊細さの部分が似ているのかな。人のささいな感情の変化に気づける人です。僕が体調を崩した時は、一番に声をかけてくれるんですよ。ケンティー(中島健人)とはファンファーストなマインド。何事も"みんなが喜んでくれるかな?"をベースに考えるところが似てるなって。ケンティーは、ブログやコンサートで発する言葉一つ一つから、ファンへの熱い思いや感謝が伝わってくるんです。その点では僕はまだまだだから、すごく尊敬できるし、見習っています。(菊池)風磨くんは笑いのツボが一緒。誰も笑ってないのに二人だけ爆笑してる、って場面がけっこう多くて(笑)。笑いのツボが変だと突っ込まれることが多いので、風磨くんと共有できるのがうれしいし、最近プライベートで一緒にいる時間も長いです!」


メンバーのなかで一番おしゃれなのは? という質問に対しては、「ダントツで風磨くん!」と即答。過去には、メンバーが菊池さんの装いをまねて、おそろいアイテムが急増したことも。

「風磨くんのスゴイところは、どんなアイテムも自分のスタイルに落とし込めるところ。さすがにもう恥ずかしいから、あまりまねしないようにしてるけど……たまに、ちゃっかり似たデザインを買ったりしています(笑)。最近だと、バケットハット。風磨くんがかぶっているのを見て、いいなと思ってから、あえて少し日をあけて買いました。まねじゃないですよ、ってアピールするための間です(笑)。後日、今度は勝利がかぶってきたのを見て、思わず笑っちゃいました。そういえば、今ちょうど愛犬ビスとのペア服を探しているんです。見つけたら、勝利と勝利の愛犬チャイと、みんなでおそろいにしちゃおうかな。それを着てダブルデートとか最高! 勝利はいやがるだろうけど(笑)。いつか安心してテーマパークに行けるようになったら、メンバーとキャラクターのコスプレをして行ってみたいなぁ。絶対に楽しいよね!? よし、企画してみよう!」

松島聡さんの夏のシミラールックは、ノンノ7月号に掲載中!

thank you so much for reading
 Profile  まつしま そう

1997年11月27日生まれ、静岡県出身。Sexy Zoneのメンバーとして2011年にデビュー。グループきっての愛されキャラで、愛称は"聡ちゃん"。高い表現力を誇るパフォーマンスにも定評があり、唯一無二の魅力を持つ。

2021年7月号掲載
  • 松島聡(Sexy Zone)に近づく3つの数字【The Number About Sexy Zone vol.4】

    2021年、結成10周年を迎えるSexy Zone。全員が「決して平坦ではなかった」と語る道のり、それをともに乗り越えてたどり着いた場所。10周年という大きな節目を目前に彼らは何を思い、何を感じ、何を語るのだろうか?数字をキーワードにひもとく、5人の個性、グループの魅力、Sexy Zoneの"今"、そして"これから"。

What's Newファッション 新着記事

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪