大学生の支持率No.1メディア

竹内涼真さんにノンノインタビュー『鹿の王 ユナと約束の旅』で初めてアニメ声優に挑戦!

ノンノinterview

【ノンノインタビュー】竹内涼真

インタビューに応じてくれた竹内涼真さん

初のアニメ声優で天才医師役にチャレンジ!

――『精霊の守り人』で知られる上橋菜穂子のファンタジー小説を、日本アニメーション界最高峰のスタッフで映画化した『鹿の王 ユナと約束の旅』。竹内涼真さんは、初めてアニメ声優に挑戦した。

「オファーをいただいた時はすごくうれしかったです。でも僕の理想の声はブルーノ・マーズみたいなちょっとハスキーな声で。アフレコの時に『本当に僕で大丈夫ですか?』って聞いた記憶があります」

――演じたのは、天才医師のホッサル。普段の快活な竹内さんの声を想像していると、繊細ではかなげな声に驚かされる。

「アフレコをしたのは『テセウスの船』を撮影する前の2019年11月頃。まだ絵コンテの段階だったので、監督と『もう少しこうしてみましょう』『あ、これかもしれませんね』と時間をかけながらイメージをすり合わせていく感じがすごく楽しかったです。ただ、完成した作品を見た時は自分の声だと分からなくて、『編集で声をいじったのかな?』って思ったくらい(笑)。全編通して見ると温かみのあるアニメとキャラクターの素朴さがマッチしていて、すごく素敵な映画に参加できたんだなと感じました」

――実は竹内さんがノンノに登場してくれるのは3年ぶり! その間に、ずいぶん内面に変化があったそうで。

「食べ物の好みや洋服の好み、いろんな感覚が変わりましたね。たとえば洋服なら、単純にデザインや生地だけじゃなく、作っている人のこだわりやストーリーに惹かれるようになりました。きっかけは、40代や50代のお友達ができたこと。自分の人生設計を確立している大人ってめちゃくちゃ余裕があってカッコいいし、経験豊富な方たちのお話やセンスからすごく刺激を受けるんです。僕も、身につけるものや選ぶものから、こだわりが垣間見えるような大人になりたいです」

Q

天才医師を演じた竹内さんは何の天才?

コミュニケーションかな?

突き抜けているものなんて何もないけれど、あえてあげるとしたらコミュニケーションかな。人と話すのが好きなので、そこは長けている部分だと思います。気をつけているのは正直でいること。そうすれば、相手も正直に向き合ってくれると思います。

Q

旅をする時の必需品を教えて!

身軽でいたいのでありません!

ロンドンに行った時も「ジムに行くの?」って言われたくらい荷物が少ないです。持っていく服もせいぜい1泊半くらい。あとは現地で調達します。そのほうが街にマッチすると思うし、思い出にもなる。それに、大きいカバンだとカッコ悪い気がするから。

P r o f i l e

たけうち りょうま

2013年に俳優デビューし、現在Huluで配信中の『君と世界が終わる日に Season2』など多数の作品に出演。デジタル写真集『Place to Stand』が「Amazon Kindle」及び「Reader Store」にて発売中。初公開カットのみで構成された完全オリジナルの244ページという大ボリュームで、「きみセカ」のロケ密着やカレンダーのアザーカット集、スタジオでの撮り下ろしにインタビューなど、今までの写真集とはまた違う新しい作品となっている。

ジャケット¥82500・Tシャツ¥17600/モールド(チノ)

映画「鹿の王」製作委員会
©2021「鹿の王」製作委員会

映画
『鹿の王 ユナと約束の旅』


山犬の群れの襲来により、死に至る病・黒狼熱が発生。かつて最強の戦士団の頭だった奴隷のヴァン(堤真一)は山犬にかまれながらも生き延び、幼い少女ユナを拾う。懸命に治療法を探していた天才医師のホッサル(竹内涼真)は、抗体を持つ可能性のあるヴァンと出会い、共に旅に出ることになる。
●近日公開予定

2021年10月号掲載

What's Newエンタメ・カルチャー 新着記事

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪