【就職の疑問】残業は? 社内恋愛はある?食品専門商社販売2年目にOG訪問【就活】

2023.01.26

実際に働いている人でないと分からない業界事情を知ることができると好評の連載! 今回は食品専門商社に勤めるOGに取材しました。

食品専門商社 ▶︎▶︎ 2年目

勤務地 東京都
仕事内容 「ワインの輸入販売・卸売りを行う専門商社の販売部門に所属。直営店での接客がメインの業務です。私が働く店は小規模でスタッフの数が少ない分、任される仕事の裁量は大きめ。商品の発注や、販促のDM発送に加え、テナントビルに催事の告知画像表示の依頼なども行います」
給料 【初任給】18万円 【現在】19万円
「残業はほとんどなく、月に2時間未満。繁忙期である年末年始も10時間程度です。会社の業績がいいと、年度始まりに6万円弱のプチボーナスが出ます♪ 」
残業の有無 平均2時間/月
ボーナス 34万円/年2回
有給休暇 年12日
「シフト制のため、月ごとに休みたい日の希望を店長に提出。私が働く店舗の店長はとても寛大で、週末も休みがとりやすく、有休もほぼ消化できています! 」
食品専門商社2年目イラスト

働きながら、大好きなワインの知識を深められています!

fashion point

黒のパンツ&靴が定番スタイル!

シャツ×黒のテーパードパンツが接客時の決まりです。着替える場所が狭いため、パンツははいて出勤しています。気持ちがシャキッとするから、靴はあえてヒールのあるパンプス!

この仕事を選んだ理由

アルバイトでお酒の文化に興味を持ち、深く学ぶため!

「学生時代に、酒屋さんとワインがおいしいイタリアンレストランでのアルバイトを経験。日々お酒を扱うなかで、お酒の奥深い文化に興味を持つようになりました。お酒に力を入れる小売・輸入業社や飲料メーカーなどを数社受けて、第1志望だった現在の会社に入社しました」

1日のスケジュール

\ START /

6:00  起床
10:00  始業、開店準備
10:30  開店
13:00  昼食
19:00  終業、退勤
20:00  帰宅、夕食
21:00  お風呂、のんびり
24:00  就寝

「勤務の仕方が3パターンあり、これは早番の日のスケジュール。中番の日は11時、遅番の日は11時30分が始業になります。お昼休憩は1時間。店舗が入っている商業施設の従業員専用スペースで過ごしています。中番の終業は20時、遅番は20時30分です。残業はほぼないので帰宅準備ができ次第帰れるのがいいところ! 」

社内の雰囲気

個性派キャラな先輩とのコミュニケーションに苦戦!

「店舗の規模によって雰囲気はまったく異なります。私が働くお店は特に小さくて、スタッフは先輩二人、後輩一人、私の4人のみ。先輩二人は独特な感性の持ち主で、働き始めた当初は戸惑うこともしばしば。でも慣れると優しくて、今はストレスなく働けています。お酒好きが多いのでコロナ前は飲み会が頻繁にあったそう」

社内恋愛ってある?

スタッフが多い店舗では珍しくないみたい

「私の店舗ではありませんが、スタッフ数が多い大きな店舗で働いている同期によると、チラホラあるみたいです! 今は大規模な飲み会が制限されていて、なかなか社員同士の距離が縮まりにくい印象。私は、サークルの先輩の紹介で出会った人と交際中です」

仕事のマストアイテム

ワインエキスパート&WSET®の資格を証明するピンを制服にON

仕事のマストアイテム

「’22年、ソムリエより1段階下のレベルの"ワインエキスパート" に合格。それを証明するゴールドのピンを、入社1年目に取得したワインの国際資格"WSET®レベル1"のブルーのピンとともに、接客時の制服につけています。ワイン好きのお客様から褒められたり、おすすめを聞かれたりと頼りにしていただく機会が増えました。’23年は、WSET®の次のレベルに挑戦する予定です」

入社してよかったこと

日々、大好きなお酒について学べるところ!

「毎月スタッフとのテイスティング会があり、いろんな種類のお酒を飲み比べながら学べるのが楽しい♪ 産地や作り手について知ることで、一層お酒を好きになりました。社員割引で安く買えるところも高ポイントです」

入社後にギャップを感じたこと

意外と庶民的な雰囲気にちょっぴり落胆……

「同業他社と比べて商品の単価が高いため、洗練された職場環境を想像していました。配属された店舗は都心から少し外れた地域ということもあって、庶民的な雰囲気。高級感に憧れていた分、ギャップがありました」

人生プラン

「4年目から本社勤務を希望できるので、興味のある広告や広報など、いろんな部署での仕事を経験してみたいです。今の会社は大きすぎず小さすぎず、心地よい規模感。当面、転職は考えていません」

こんな人にオススメ!

「お客様に商品をアピールするため、まずは自分が飲食好きであることが重要。食べることが好きで、おいしい店や新商品をリサーチ&試すのが趣味な人にピッタリだと思います」

大学生エディターズからの質問

Q 就活の対策を意識してお酒を飲むことはありましたか? (たかなさん・大学2年)

「今の会社が扱う商品は高価で、学生の時は買えませんでした。代わりに、お酒や食事への関心の高さをできるだけ熱く語りました! 」

Q 接客する際に大切にしていることは? (ち な み みさん・大学2年)

「一番は笑顔。マスクで表情が分かりにくいため、目元の動きを意識しています。また、ニーズを探るための質問は豊富にストック」

就活生へのアドバイス

「私は、就活時に業界研究はあまりできていなかったのですが、酒屋でのアルバイト経験が就活時に生かされたように思います。実際に働いてみたらイメージと全然違った! というようなことを防ぐためにも、業界研究は欠かさずに。また、受ける企業の商品・サービスへの愛情は熱意を持ってしっかり伝えることをおすすめします」

2023年3月号掲載

\Web限定!/
誌面で紹介しきれなかったリアル事情

Icons made from svg iconsis licensed by CC BY 4.0