大学生の支持率No.1メディア

non-no大学生エディターズ
No.049 えむのブログ

No.049 えむ

No.049 えむ

大学4年生/奈良県出身

身長:165cm
推し:最推しは櫻井ももちゃん(≠ME)。マンガ、小説、アイドル、ミュージカルなど多方向に好き好きビーム放出中♡

二次元の海に溺れつつ、美術館やカフェによく出没する多趣味人間です。日々溢れる“好きときめき”を共有したいです!

【日プ女子】このケミが最高! 仲良し練習生ペアに注目するとプデュはもっと楽しくなる

 10月5日から「Lemino(レミノ)」で配信中の公開アイドルオーディション番組「日プ女子」こと「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS」。先日、第2回順位発表式が放送され、ついに残る練習生は35人となりました。クライマックスに向けてどんどん盛り上がる日プ女子から目が離せません……!

 この記事では、毎週リアタイするほどプデュに夢中の日々を送っている私が、番組をもっと楽しむための見どころとして、注目の「ケミ」についてたっぷり語りたいと思います♡

「ケミ」ってどういう意味?

 「ケミ」とは、「化学」や「化学反応」を意味する韓国語「ケミストリー」を縮めた言葉で、「人と人が出会うことで新しい化学反応が生じる」というニュアンスから「とても相性が良いこと」・「お似合い」・「コンビネーション」などの意味を持っています。

 日プ女子では、さまざまな評価に向けてレッスンを重ねる中で、練習生たちが絆を深めていく様子もひとつの見どころ。特に仲のいい2人は「ケミ」として話題になっています。
 パフォーマンスだけでなく、練習生同士の交流にも目を向けると、よりステージを見た時の感動が増して、心が揺さぶられるんです……!

 この記事では私が注目しているケミを3組ご紹介します。よかったら次回の放送から注目してみてください♡

rebloom(笠原桃奈×加藤心)

rebloom
笠原桃奈ちゃん(左)、加藤心ちゃん(右)
 笠原桃奈ちゃんと加藤心ちゃんのケミ「rebloom(リブルーム)」。
 桃奈ちゃんはアンジュルム、心ちゃんはCherry Bulletというグループでそれぞれアイドル活動をしていた経歴を持っており、再びアイドルとしてステージに返り咲くことを夢見るふたりは放送開始前から注目の存在でした。
 そんなふたりがコンビを組み、レベル分けテストでYOASOBIの「アイドル」を披露。
 さすが元プロアイドルの余裕を感じる無敵のパフォーマンスはまるで「ふたりはプリキュア」……!
 そして、危なげなくAクラス(最上位のクラス)に振り分けられたのでした。

 最強の実力を持つふたりですが、rebloomの最大の魅力はその「仲の良さ」!
 桃奈ちゃんも心ちゃんも、互いを尊敬し、信頼し合っていることが言動の節々から伺えます。

 番組内で「人柄センター(人柄が魅力的な練習生TOP3)」を選ぶ企画があった際に、桃奈ちゃんが迷うことなく心ちゃんを選んでいたシーンも印象的でした。
 第1回順位発表式では、なんと桃奈ちゃんが1位、心ちゃんが2位のツートップ!
 この順位発表の場でもふたりの仲の良さは爆発していました。
 桃奈ちゃんが放った「心ちゃんを愛しています」の台詞は日プ女子屈指の名言です。

 そんな相思相愛のふたりは、次回コンセプト評価で同じグループのもよう。
 ぜひふたりの仲良しなやりとりに注目してみてください♡

チームマンネ(阿部和×髙橋妃奈)

チームマンネ
阿部和ちゃん(左)、髙橋妃奈ちゃん(右)
 レベル分けテストにおいて、グループの平均年齢が最年少ということでつけられたコンビ名「チームマンネ」。阿部和ちゃんと髙橋妃奈ちゃんのケミは、妹感あふれる癒し系!

 ほわほわした話し方と、ふわふわの雰囲気に、思わずにこにこしてしまいます。
 合宿中の企画「練習生ラジオ」では、そんなチームマンネのふたりがパーソナリティーを務めました。
 が、パーソナリティーらしからぬ、ゆるゆる感。
 ぐだぐだの進行が可愛すぎてたまりません……!
 まるでシルバニアファミリーのような、愛くるしいふたりですが、パフォーマンスとなると別人のよう。
 天性の声質と、バキバキのダンスで観客を魅了します。
 そんなギャップが、また沼……!

ぱる畠(桜庭遥花×髙畠百加)

ぱる畠
桜庭遥花ちゃん(左)、髙畠百加ちゃん(右)
 最後に紹介するのが、小動物系・これからの成長が楽しみな桜庭遥花ちゃんと歌って踊れるギャルお姉さん髙畠百加ちゃんの、正反対ケミ「ぱる畠」。
 一見正反対に見えるふたりですが、実は仲良しみたいなんです……!
 こちらのビハインドで、百加ちゃんによしよしされてむくれるぱるたん(遥花ちゃん)があまりにも可愛すぎて一気にぱる畠のトリコになってしまいました……。
 本人たちに正反対の自覚があるのも可愛いです。
 そんなふたりはポジション評価で「おもかげ」を一緒にパフォーマンスしています。
 百加ちゃんの低くハスキーな声と、遥花ちゃんの高く伸びやかな声は、やっぱり正反対でどちらも素敵……!

「ケミ」に注目すると日プ女子はもっと面白い!

 このように、合宿を通してだんだん絆を深めていく練習生たちの関係性に注目するのも、プデュの醍醐味。
 今回は私が注目しているケミをご紹介しましたが、みなさんもぜひ、推しケミを見つけてみてください……!
 また違った角度から番組を楽しめるはずです♡

No.049 えむの新着記事

What's New大学生エディターズ新着記事

Rankingランキング

Magazine試し読み

Instagramインスタグラム

X(旧Twitter)

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪