ときめくおしゃれを毎日GET!

山本美月さんインタビュー★『去年の冬、きみと別れ』でヒロイン役!【Check The Hits!】

2018年2月27日
気になる旬のカルチャーをピックアップするCheck The Hits! 映画『去年の冬、きみと別れ』でヒロイン役を演じている山本美月さんにインタビュー。

結婚式はヨーロッパのお城であげてみたい♡

山本美月|映画『去年の冬、きみと別れ』
ピアス¥22000/ストローラーPR(マユ) その他/スタイリスト私物

まったく先が読めないサスペンスに挑戦!

芥川賞作家の中村文則による原作小説を映画化した『去年の冬、きみと別れ』で、岩田剛典さん演じる主人公・恭介の婚約者・百合子を演じた山本さん。重要な役柄にもかかわらず、映画の序盤で危機的状況に陥ってしまう、驚きの展開に翻弄される。「私も初めて台本を読んだ時に『え、どういうこと?』って、罠にかけられました。作品全体としてはサスペンスですが、壮大な恋愛映画としても楽しめる作品。恭介の心情は理解できるし、残酷だけど美しい愛が描かれていると思いました。監督の緻密な演出にこたえるのは大変でしたが、新しい自分を引き出していただいたと思います」

結婚式の準備に胸躍らせる女性を熱演した山本さんは、現在26歳。自身の結婚式のプランも、しっかり夢に描いているよう。

「教会じゃなくヨーロッパのお城がいいですね。足首が見えるハンパ丈のレトロなドレスも可愛いと思うし、1着は魔法少女みたいなフリフリのドレスも交ぜたい。その前にまず、相手を見つけないと(笑)。どんな時でもちゃんとお互いの考えを話し合える、ウソをつかない人が理想です。……ていうか、結局気が合う人ならいいのかな」

ちなみに復讐がカギになる映画にかけてリベンジしたいことを尋ねると、「勉強で人生を確立してみたかった」との答えが。

「私は農学部を卒業したのですが、他の学部も受けてみたかったし、国公立大学も受験してみたかった。そしたらどんな会社に就職して、どんな人生を送っていたんだろうなって。薬の研究とかできたら、おもしろかっただろうな。あ、あとはキャビンアテンダントにもなってみたかったです。母親からは『30歳までに転職すれば遅くないよ』って言われているんですけどね(笑)」
©2018 映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会 配給:ワーナー・ブラザース映画
©2018 映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会配給:ワーナー・ブラザース映画

『去年の冬、きみと別れ』

恋人の松田百合子(山本)との結婚を間近に控えている記者の耶雲恭介(岩田剛典)。女性が巻き込まれた猟奇殺人事件の容疑者で、天才カメラマンの木原坂(斎藤工)について調べるうち、危険な罠に堕ちていく……。● 3月10日(土)より全国公開


●やまもと みづき 
1991年7月18日生まれ、福岡県出身。ドラマ『真夜中のスーパーカー』(3月28日放送 NHKBSプレミアム)、映画『友罪』(5月公開)が待機中。
2018年4月号掲載

▼ 関連記事もチェック!

What's New エンタメ 新着記事

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪