ときめくおしゃれを毎日GET!

会話が続かない&人見知りを克服! 初対面で会話が続く話し方テク①お天気編

2018年4月11日
新生活の季節。知り合う人と一体何を話したらいい?というノンノ世代の悩みを解決! 話題が広がる小さなコツを学んでおけば、初めての相手や新しい場でもコミュ力アップ♡
気温や空の様子など、目の前の共感できるネタで話を振る。
  • 自分についての情報を軽く明かして安心してもらおう
    二言目に話しかける時のコツは、「小さな自己開示」。最初のお天気ネタに関係ある自分の話をすれば自然な流れのトークに。話しかけられた相手も安心して、返事をしやすくなる。
  • ネガティブ発言やディープな自分語りは会話が止まる!
    自己開示が大切とはいえ、初対面でネガティブな感想を言い続けたり、いきなり自分の家庭環境などディープな内面を語りすぎたりするのはNG。相手が返しに困らない内容を。

1/4

2/4

3/4

4/4

季節行事とリンクさせつつ踏み込みすぎない質問を
三言目では、相手にも少し質問してお互いの距離を縮めよう。お天気ネタで始めた会話なら、そこからさらに一歩進めて、今の季節らしいイベントを話題に。相手も気楽に答えられるし、プライバシーにも踏み込みすぎない。
恋愛系の突っ込んだ質問はもう少し仲よくなってから
お花見をネタに小さな質問をするのはアリだけど、「誰と行くの?」は聞きすぎ! 特に恋愛系の話題は、初対面の場でいきなり聞かれても、話しづらい人のほうが多い。もう少しお互いを知ってからの質問にしておこう。
お天気話を引っ張りすぎず、相手を主役に話題転換する
お天気はあくまでも会話の入り口。なんとなく話が盛り上がりそうだなと感じたら、こんな風に質問してみても○。三言目の質問のコツは、なるべくシンプルに。根掘り葉掘り探るような聞き方にならないように気をつけて。
相手が気を悪くする可能性がある質問はなるべく避けよう
受験や会社選びもそれぞれのプライバシーに関わってくること。人によっては深く聞かれたくない場合もあるので、初対面の場では避けておいたほうがいいかも。三言目は、あくまでもお互いが軽く盛り上がれる話題を選んで。

野口敏|会話が途切れない!話し方

ノンノ世代は“人見知りの時期”。恐れずに会話体験を重ねましょう。

「18歳から23歳ぐらいのノンノ世代は、進学や就職でいろんな年齢の人との交流が急に広がる年頃。人生の中でも、人見知りして当たり前の時期なんです。でも小さな技術を使い、場数を踏むことで克服はできますよ。会話が広がるコツを心得て、『失敗しても大丈夫!』とゆったり構えながら、どんどん話しかけてみましょう」
ノンノ2018年5月号掲載

▼ 関連記事もチェック!

What's New新生活 新着記事

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪