ときめくおしゃれを毎日GET!

可愛すぎる♡ 玉城ティナさんに映画「チワワちゃん」のことを聞いてみた♡ 

玉城ティナさん

クロシェ編みニット¥38000/WALL(RYOTA MURAKAMI)

青春の終わりに直面する若者をエモーショナルに熱演!

――  バラバラ遺体となって発見された元モデル〝チワワちゃん"をとりまく若者たちの物語を描いた『チワワちゃん』は、パーティーに興じるグループの刹那的な人間関係と、そこから生まれる爆発的なエネルギーを斬新な映像と音楽で切り取った青春映画。チワワの友人ユミを演じた玉城ティナさんは、独特な撮影現場を「夢みたいだった」と振り返る。


「みんなで遊ぶだけのセリフのないシーンも多かったので、すごく不思議な撮影でした。一日中水着で遊ぶ経験も初めて(笑)。私自身は映画みたいな刺激的なグループに属したことはないけど、彼らの青春を理解できなくはないので、自分だったらどうするか、想像しながら見てもらえたらうれしいです」


――  現在21歳。劇中のキャラクターと同年代にもかかわらず、「私自身は青春となんとなく距離をとっているかもしれません」と冷静に自己分析。


「もちろん自分の引き出しの中に青春とか、そういうキラキラした気持ちはあるし、それが消えたらつまんないなって思うんです。でも割と客観的に物事を見るというか、現実主義な部分はありますね」


――  その達観した考えは、小さい頃から大好きな本に触れてきたことが大きく影響しているそう。


「『こんな考えもあるんだ』と知ると道しるべになるし、本を読んだおかげですごく生きやすくなったなと思います。小説を書くことも好きで、何本か書き始めているところ。できれば20代前半のうちに書き終えて発表したいなと思ってます。SNSで考えをシェアできる時代だからこそ、そこですべてを消費しちゃわないようにというか。じっくり寝かせたからこそ生まれる言葉も、大切にしていきたいです」

武田玲奈さんプロフィール

●たましろ てぃな

1997年10月8日生まれ、沖縄県出身。2012年にモデルデビューし、女優としても活躍。主演映画『地獄少女』が2019年秋公開予定。


『チワワちゃん』
Ⓒ2019『チワワちゃん』製作委員会

『チワワちゃん』

殺人事件の被害者が仲間のチワワ(吉田志織)だと知り集まったミキ(門脇麦)やユミ(玉城ティナ)たち。ところが彼らは誰一人、彼女の本名を知らなかった。1994年に発表された岡崎京子の短編コミックを映画化。

●1月18日(金)より新宿バルト9ほか全国公開


◀左右にスライド▶

可愛すぎる♡ 玉城ティナさんに映画「チワワちゃん」のことを聞いてみた♡ _1_4-1

1/6

可愛すぎる♡ 玉城ティナさんに映画「チワワちゃん」のことを聞いてみた♡ _1_4-2

2/6

可愛すぎる♡ 玉城ティナさんに映画「チワワちゃん」のことを聞いてみた♡ _1_4-3

3/6

可愛すぎる♡ 玉城ティナさんに映画「チワワちゃん」のことを聞いてみた♡ _1_4-4

4/6

可愛すぎる♡ 玉城ティナさんに映画「チワワちゃん」のことを聞いてみた♡ _1_4-5

5/6

可愛すぎる♡ 玉城ティナさんに映画「チワワちゃん」のことを聞いてみた♡ _1_4-6

6/6


RADWIMPS『ANTI ANTI GENERATION』

RADWIMPS、2年ぶりのアルバム。美しすぎる小松菜奈さんと注目の若手俳優、神尾楓珠さんとの鼓動が伝わってきそうなキスシーンのMVが話題の『そっけない』を含む17曲を収録。non-noモデルにもファンの多いあいみょんや、ONE OK ROCKのTAKAとの豪華コラボも必聴。一人きりの心に向き合う鋭い表現はそのままに、今のキャリアにとどまらない壮大さを感じさせるラインナップ!

発売中 UNIVERSAL MUSIC/EMI Records


星野源『POP VIRUS』

星野源の5thアルバムは『逃げるが恥だが役に立つ』『過保護のカホコ』『半分、青い。』などの人気ドラマの主題歌が目白押し。未来を歓迎する気持ちにあふれる名曲揃い。

発売中 ビクターエンタテインメント


吉本坂46『泣かせてくれよ』

話題の吉本坂46からはnon-noモデル江野沢愛美も注目の芸人『ラフレクラン』のきょんのジャケット版をご紹介。コントで見せるクセの強いキャラとのギャップに注目!

12月26日発売 Sony Records


『自転車泥棒』呉明益・著 天野健太郎・訳 
¥2100 文藝春秋

台湾で物書きの仕事をしている「ぼく」は、20年前に失踪した父親を忘れられずにいる。父親と一緒に消えた自転車を見つけ出した「ぼく」の周りには、様々な自転車とそれにまつわる人々の記憶が浮かび上がっていく――。ある家族の約100年にわたる物語を軸に、時代や場所が交錯するスリリングな長編小説。著者は、台湾の文学界のみならず欧米圏でも注目されつつある作家。センスがほとばしる世界に浸って。


『108』松尾スズキ・著 
¥1500 講談社

海馬五郎は愛する妻のために働きまくる脚本家。だが妻に予想外の告白をされる。タイトルは煩悩の数。苦しみ、もがく五郎の姿が、シブい笑いと切なさを誘う。松尾氏の最新小説。


『リボンの騎士』手塚治虫・著 
(上下巻・各)¥1600 リトルモア

名作少女漫画の原画を、最新技術でスキャニングした新装版。男の子と女の子、2つの心を持つサファイア。一人の人間が恋と冒険を絡めながら成長する過程は、時代を超えて胸を打つ!

2019年2月号掲載

▼ 関連記事もチェック!

What's Newエンタメ・カルチャー 新着記事

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪