Magazine

2024年7・8月合併号

試し読み

【JO1展覧会レポ】11人がつくる不思議な世界“JO1 in Wonderland!”の展示内容&必見ポイントは?

2024.03.01

「JO1 Exhibition “JO1 in Wonderland!”」を詳細レポート!

「JO1 Exhibition “JO1 in Wonderland!”」JO1メンバーの集合写真

©LAPONE Entertainment

JO1の歴史を見て聴いて楽しめる体験型の大型展覧会「JO1 Exhibition “JO1 in Wonderland!”」が、六本木ヒルズの東京シティビューにて開催中。

これまでにメンバーが着用した衣装の数々や、ここでしか観られないスペシャルなライブ映像など、 “世界のどこにもない、五感で楽しむ不思議な空間”となっている……とのことで、さっそくノンノが「JO1 Exhibition “JO1 in Wonderland!”」プレス内覧会に行ってきました!

ワクワクしたりジーンときたりノリノリになったり……、盛りだくさんな展示の内容や見どころを詳しくレポートします!(※一部ネタバレにご注意ください

JO1からの招待状に導かれ摩訶不思議な“Wonderland”へ!

エレベーターで52階まで上がり、スマホとイヤホンを握りしめて会場の入口へ。音声やARフォトが楽しめる体験型展覧会ということで、まずはSound ARアプリ「Locatone」(事前にダウンロードしておくのがおすすめ)を起動してイヤホンを装着。すると、耳元で次々とJO1メンバーの声が聴こえてくるじゃないですか! もういきなり耳が幸せ!

「JO1 Exhibition “JO1 in Wonderland!”」JO1メンバーのサイン

©LAPONE Entertainment

11人の声にテンションが上がりながら進むと、左右の壁にはメンバー作の個性あふれる招待状が。額縁に入れて飾られた招待状のまわりには、「楽しんでね‼︎」「本当にお気をつけて」といった直筆コメントやサインも添えられていて、生のサインだ! 絵がうまいな〜、シールかわいい、めっちゃ凝ってる! などと一つ一つに見入ってしまい、イントロダクションからなかなか先に進めない状態に。最初からこんな見応えあるなんて!と、この先に待つ展示への期待感が倍増。

トランプに大時計にコラージュ壁……そこはまさに不思議の国

「JO1 Exhibition “JO1 in Wonderland!”」メリーゴーランド

©LAPONE Entertainment

ワクワクしたまま進んだ先にあったのは、第2の空間「RIDE 1 -Welcome to INFINITY」。メリーゴーランド風の装飾の下にはトランプになったメンバーの姿があり、その奥の壁には、11人の美しすぎる横顔写真に囲まれた大きな時計も。時計の一部にメンバーの写真が現れる仕掛けになっていて、推しメンバーに設定して撮影することも可能。

「JO1 Exhibition “JO1 in Wonderland!”」大時計

©LAPONE Entertainment

そしてここでは、壁のQRコードにも要注目。アプリからQRコードを読み込むと、メンバーそれぞれの“ウェルカムボイス”が聴けるうえ、AR画像も入手できちゃう! このボイスとAR画像は、会場を出てからも、いつでもアプリ内で確認することができるから、必ずゲットしておきたい!

さらに進むと、今度はカラフルな衣装に身を包み、飛んだり跳ねたりする11人が。ここでもちょっとした演出があるので、ただ歩いて通り過ぎたりせず、メンバーと一緒にジャンプしたり足踏みしたりして楽しむべし! ところどころに書かれたメンバーの直筆サインなどもお見逃しなく。

ところで、飛び跳ねている11人をよ〜く見てみると、上半身と下半身で衣装が違う……? そう、実はメンバーの身体をシャッフルしたコラージュになっているんです。どうシャッフルされているのか答え合わせしながら進むのもまた楽しい!

そして、このコーナーは窓からの景色も素晴らしいんです。昼は東京を一望する絶景が、夜は宝石のようにキラキラした夜景が、ワンダーランドの一部としていい味を出してくれているのも見どころのひとつです。

結成から現在まで。衣装とともにたどるJO1&JAMのヒストリー

続いて現れたのは、大きな本を模した3つ目の空間「ROAD -KIZUNA FOREST」。中に入ると、そこにはページに見立てたいくつかのパネルが。各パネルにはJO1が今までに開催したライブのタイトルや出演した番組、アワードなどが一年ごとにびっしりと書かれ、JO1とJAM(JO1のファンネーム)が歩んできた4年間をじっくり振り返られるようになっています。

2020年、2021年……と進むごとに、パネルに書かれた出演番組やイベントの数、単独ライブやツアーの動員数がどんどん増えていくのを見ていると、JO1とJAMが共に過ごしてきた時間の重みを感じます。さらに優しく語りかけるメンバーの声やBGMに流れる“あの曲”もあいまって、思わず涙がこぼれそうに。

そして各パネルの裏にまわると、今までメンバーが着用した衣装の展示も。ひとつの衣装につき1〜2人分の展示ではあるものの、デビュー曲『無限大』から昨年のNHK紅白歌合戦まで、MVやライブ、アワード、音楽番組で実際に着ていた衣装が10種類以上、しかも糸のほつれまで確認できるほどの至近距離で見られるなんて! 

このエリアは撮影NGなので、目と脳と心に刻み込むべく、時間をかけてじっくり見ることをおすすめします。というか、おすすめするまでもなく、きっとみなさんじっくり見ることになると思います! とにかく必見!

\  あわせてチェック!/

テーマ曲『HAPPY UNBIRTHDAY』のパフォーマンスにアガる!

胸がいっぱいになりながら次のエリアへ。4つ目はスペシャルなライブ映像が楽しめる「LIVE -Go to the TOP!」。ここでは、メンバーの川西拓実さんが作詞作曲した展覧会のテーマソング『HAPPY UNBIRTHDAY』のパフォーマンスを、壁一面の大画面で堪能できるのが嬉しすぎる!

ここでしか観られないライブ映像だというのはもちろん、その臨場感もとってもスペシャル! 大画面いっぱいに迫力満点に歌い踊るJO1を観ていると、まるで生のライブの最前列にいるような、そして11人からのファンサを独り占めしているような気分に。一気にぶち上がります!

また、ライブ映像の中で聴こえる歓声には実際のJAMの声が使われているらしく、パフォーマンス中、メンバーの動きに応えるように歓声が大きくなったりするのも、臨場感をさらに高める大きな要因に。まさにJO1とJAMとで作り上げた特別な映像になっています。

1曲で終わりと思ったら大間違い。なんともう1曲ライブ映像が! 夢見心地のワンダーランドにふさわしい、みんな大好きなあの曲も、ここでしか観られないライブ映像で楽しめます。もう幸せ♡

\  あわせてチェック!/

カフェ風フォトスポットでJO1と一緒に不思議な記念写真を

「JO1 Exhibition “JO1 in Wonderland!”カフェ風フォトスポット

©LAPONE Entertainment

続いては、おしゃれなカフェ「RIDE2 -Wonderland to REAL」。変わったお茶会が開催されているというカフェに足を踏み入れると、なんだか不思議な空間が。

真ん中あたりにある「PHOTO SPOT」と書かれた場所に立ってシャッターを押すと……、ちょっとおもしろい写真が撮れます。カフェ風でかわいいので入ってすぐに写真を撮りたくなりますが、あえて「PHOTO SPOT」に立つまでは写真を撮らずにいるのが、より仕掛けのおもしろさを味わえるためおすすめです。

いよいよラスト。メッセージを書いて想いをJO1に伝えよう!

ワンダーランドから現実世界へ。最後の「未完成エリア」に進むと、メッセージを書いた付箋を貼れる大きなボードが出現。展覧会の感想やJO1への感謝、推しメンへの愛をたっぷり綴って、メンバーに想いを伝えましょう!

ここにもQRコードがあるので、ちゃんと読み込んで、メンバーからのお見送りの言葉を聴くのを忘れずに! 感動させてくれたり笑わせてくれたり、ここでのメッセージも個性いっぱいで、最後まで楽しい気持ちにさせてくれます。

「JO1 MART」が復活。展覧会限定の“CDアイテム”がかわいすぎる♡

出口の前には、展覧会のもうひとつのお楽しみ、グッズコーナー「JO1 MART in Wonderland」が。アクリルスタンドやキーホルダーなどの定番系から、ワンダーランドならではのケーキピック、トランプ、ネイルシール、シュシュまで、ここでしか買えないアイテムがズラリ!

個人的に特に気になったのがケーキピック。今回のアクスタが通常のサイズ感より小さめなかわりに、ケーキピックは思っていたよりも大きく、サイズ・素材ともに実質アクスタ。洗って使えそうだから、推しの誕生日にセンイルケーキにさして写真を撮るのもいいし、デスクのペン立てや小物入れにさして飾ってもよさそう!

ランダムトレカ付きチェンジングカードはどれがきてもうれしいし、ほぼトレカなトランプや、メンバーの動きがかわいいクリアシール、キービジュアルがプリントされたドーナツBOXも記念に欲しいかも……と、もう全部買いたくなる勢い♡ 散財の予感しかない!

そして、この「JO1 MART in Wonderland」は、昨年夏に期間限定でオープンし大盛況だった、CDを売らないCDショップ「JO1 MART」の第2弾。なんでもない日もおとぎの国の世界へと変えてしまう「Change into wnderlanD items」=「CDアイテム」から、テーマ曲『HAPPY UNBIRTHDAY』を聴くことができるようになっています。ここでしか手に入らないCDアイテムをぜひゲットして、『HAPPY UNBIRTHDAY』を聴きまくりましょう♪

展覧会インフォメーション

いかがでしたか?
5月6日まで続く「JO1 Exhibition “JO1 in Wonderland!”」。訪れるたびに新しい発見があり、違う楽しみ方ができると思うので、2回、3回と足を運んで、JO1がつくる不思議な世界に没入してみてはいかがでしょうか。

会期:2024年3月1日〜5月6日 時間:10:00〜22:00(最終入館21:00)
会場:東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)
料金:一般2200円、学生(高校・大学)1500円、子ども(4歳〜中学生)900円、シニア(65歳以上)1900円

詳細はオフィシャルサイトをチェック!
https://jo1-in-wonderland2024.jp/
「JO1 Exhibition “JO1 in Wonderland!”」

【JO1初表紙】ノンノ5月号大好評発売中!

JO1が、満を持してノンノ本誌に初登場&初表紙。

発売中のノンノ5月号、ぜひチェックしてください!

  • JO1がノンノ特別版表紙に初登場! これまでの足跡と未来を語る。

    JO1がノンノ特別版表紙に初登場! これまでの足跡と未来を語る。

    今年3月にデビュー5年目を迎えたグローバルボーイズグループ・JO1が、3月19日(火)発売の「non-no」5月号特別版の表紙に初登場! 中ページに掲載される特集「JO1が描くTOPへのロードマップ」では、12ページにわたってグループのこれまでとこれからを語っています。

\  ご購入はこちらから /

Icons made from svg iconsis licensed by CC BY 4.0