大学生の支持率No.1メディア

街の書店員・花田菜々子さんオススメ! 20代で読んでおきたい本③

non-noの人気連載『ハタチブックセンター』。街の書店員・花田菜々子さんが20歳の女性におすすめしたい、と選んでいる本は、どれも今だからこそ触れたい言葉や知識が詰まったものばかり。そんな本たちを、花田さんの推薦コメントとともに紹介します。きっとあなたの毎日に寄り添う1冊が見つかるはず。

自由で優しい気持ちに。ニュータイプの美容本

『美容は自尊心の筋トレ』表紙画像
『美容は自尊心の筋トレ』 長田杏奈・著 Pヴァイン

可愛くなりたい、きれいになりたい、という気持ちは、もともとはとてもキラキラしたハッピーな感情だ。なのにそれらは時にくるっと反転して、「自分なんて全然だめだ」と自分を落ち込ませたり、「あの子は私よりイケてない」と意地悪な気持ちを引き起こしたりする。 

ネガティブな競争心のための美容じゃなくて、自分を大事にしたりもっと好きになるための美容ができたらとてもいいと思う。でもどうやって? という問いに、考え方・行動の両方から具体的に答えてくれるのがこの本。読めばぐんぐん元気がわいてくる。

《 みんな違ってみんな美しい》。それが本を貫くテーマなのだけど、もし「そんなこと言われてもやっぱり自分に自信を持てないし、あの人みたいに可愛くなりたいよ」って思ってしまうならば、逆にこの本はものすごく効くと思うので絶対に読んでほしい。こうして時代とともに価値観はアップデートされて、呪いは解け、女子たちは可愛くなるのだなあ。

一緒に読んでほしい2冊

『モテとか愛され以外の恋愛のすべて』表紙画像
『モテとか愛され以外の恋愛のすべて』 桃山商事・著 イースト・プレス

悩める女子必読の恋バナトーク! 爆笑できる飲み会のような内容でありつつ、男女にまつわる古い価値観をバサバサと斬り倒し、新しい時代の恋愛ってこんなかも! とワクワクさせてくれる。

『ラブという薬』表紙画像
『ラブという薬』 いとうせいこう、星野概念・著 リトルモア

こちらは元気になれない日や心の調子がすぐれない日にオススメしたい。バンドメンバーであり、患者と精神科医でもある二人の診療の様子を対談形式でまとめた1冊。二人の静かで深い言葉がすとんと心に落ちる。

個性的すぎる! 男子高校生たちの奇妙な日常

『夢中さ、きみに。』表紙画像
『夢中さ、きみに。』 和山やま・著 KADOKAWA

顔面偏差値90、かつては学校のアイドルだったが女子にトラウマがあり、制服のブレザーをズボンにインしたり、ホラー漫画のような気配を出してモテないように不気味キャラを貫く二階堂。クラスメイトにしつこく「俺かわいい?」と聞き続けたり昼休みに干し芋を作ったりと、意味不明な行動ばかりしているけれどクールで頼りがいのあるキャラの林。

この二人を中心に描かれるなんだかぬるっとした奇妙な世界は、屈折した笑いに満ちていて、一度読んだら忘れられない強烈なクセがある。本に収録された『変な女が変な男と出会う話』がツイッターで34万いいね! をたたき出してから、売れに売れて書店ではどこも即完売してしまったとか。この号が出る頃には書店にも並んでいるはず……。  

BL的な「萌え」の関係性を描きながらも、エロやときめきでなく、さわやかな青春でもなく、地味でキモい男子たちのジワる魅力をあぶり出した超名作。読後は周りの目立たない系男子がなぜかかっこよく見えてしまうかも?

一緒に読んでほしい2冊

『お熱いのがお好き?』表紙画像
『お熱いのがお好き?』 大町テラス・著 イースト・プレス

最近ブームになりつつある「サウナ」。熱いのは苦手、という人もこれを読めば行ってみたくなるはず。女子の裸の姿もエロくなくて、男子の欲情のために存在している裸じゃないのもよいな。

『しょうゆさしの食いしん本』表紙画像
『しょうゆさしの食いしん本』 スケラッコ・著 芳文社

料理漫画は数あれど、このゆる〜い絵柄でかなりレベルの高い本格的な料理を作ってしまうギャップがたまらない。ブリトーとか、もち米シューマイとか、難しそうだけどやってみたくなる!

はなだ ななこ

HMV&BOOKS HIBIYACOTTAGE店長。著書に『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』がある。

What's Newエンタメ・カルチャー 新着記事

Rankingランキング

Magazine試し読み

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪