ときめくおしゃれを毎日GET!

自分を変えてくれた。七瀬の仕事観、話します【乃木坂46西野七瀬のななせるふ。】

2017年7月15日

乃木坂46西野七瀬のななせるふ。「お仕事」

「負けず嫌い」「意外と明るい性格」。今まで知らなかった"私"に出会えたのは、お仕事のおかげです。今月は七瀬がオフィスで働くお仕事ガールに変身♡ 自分を変えてくれた「お仕事」について語ります!

ブラウス¥7900/merry jenny スカート¥4900/ViS パンプス¥14000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

昔とは別人!? そんな自分は嫌いじゃない

 幼稚園の時、卒園アルバムに書いた将来の夢は〝ケーキ屋さん〟。小学生になると、それが盲導犬候補の子犬を育てるパピーウォーカーになったり、絵を描くのが好きでマンガ家さんやイラストレーターさんに憧れた時期があったり。でも、「私は絶対この仕事につくんだ!」って、一つの職業を強く志したことは一度もなくて。なんとなく将来を意識し始める高校生の頃も、学校で看護を学んでいたので「このまま勉強を続ければ看護師になれるのかな?」くらいにしか考えていませんでした。

 お母さんの友達が看護師として働いていて、当時はその方から「血も臓器も目にする仕事やから、ななちゃんには無理やで~」って言われていたんですけどね。その頃はまだ具体的に仕事内容をイメージできていなかったし、ぼんやりとした憧れだけで本当の厳しさを理解していなかったから何も言えなかったものの、今考えれば確かに……と思うことも。 

 そう考えると、もしも高校時代に今のお仕事に出会っていなかったら、大学に行って、会社勤めをしていたのかな? 私の場合、きっとお仕事でいっぱいいっぱいで、会社を出たあとに友達と遊びに行ったり、習い事に励むような体力は残ってなさそう(笑)。でも、職場の同僚と居酒屋さんでごはんを食べながら息抜きする、なんていう週末は楽しそうですね。

 「私、こんなに負けず嫌いなんだ!」「意外と大きい声も出せるんだなぁ」。乃木坂46に入ってからは、お仕事を通して新たな自分を発見する機会がたくさんありました。その一つが、意外と明るい一面。それは、ここ数年で意識改革をしたことが大きいんじゃないかと思います。以前は、周りのメンバーのいいところを見ては、私も見習わなきゃと自己嫌悪に陥って、反省を繰り返す毎日だったんです。人見知りで、特に初対面の方を前にすると殻に閉じこもってしまう自分を変えたい――。

 そんな思いで、ある時からできるだけ笑顔でいることを心がけるようになりました。今では責任ある立場を任されることで少しずつ自信もついてきて、初めての現場に行っても笑顔であいさつしたり、話しかけられた時には、おじけづかずに受け答えしたりできるように。どれも当たり前のことだけれど、お仕事を始めた頃の私とはなんだか別人みたいで、そんな自分は嫌いじゃないな、と思えるんです。

私の好きな作業用のヘルメットをかぶらせたくて、ガテン系に! 仕事現場でのどいやさんは、マジメに働くタイプです。
★どいやさん=過去にひと通りの仕事を経験し、現在はフリー。自由な時間を満喫中。
七瀬の働くためのリフレッシュ方法はノンノ8月号でチェック

ノンノ2017年8月号掲載

What's New西野七瀬 新着記事

Rankingランキング

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪