ときめくおしゃれを毎日GET!

「東京喰種(トーキョーグール)」に出演!劇団EXILE 鈴木伸之さんインタビュー

2017年7月26日
気になる旬のカルチャーをピックアップするCheck The Hits! 映画「東京喰種(トーキョーグール)」に出演の鈴木伸之さんにみどころをインタビュー。

役でイメージが変わるのは怖いけどおもしろいです

立場や考えによって変わる“正義”を描いた話題作!

 人を喰う怪人“喰種”と人間とのバトルを描いた映画『東京喰種』で、喰種を駆逐する組織の捜査官・亜門を演じた鈴木さん。主人公のカネキ(窪田正孝)との激しい戦闘シーンに備え、「撮影の1か月前から、アクション練習を週3〜4回」して臨んだそう。

「ランニングから始めてパンチやキック、トランポリンを使って飛びながら殴る練習など、とにかく今までで一番キツい稽古でした。でも稽古を重ねたおかげで、アクション監督が得意な右のパンチや蹴りを生かしたシーンを作ってくださったのでありがたかったです。実際の撮影ではワイヤーを使って30mの高さでアクションを。高い所が苦手だったので怖かったです(笑)」

 喰種を“悪”だと信じて正義を貫こうとしていた亜門が、彼らにも様々な事情があることを知って成長していく姿も見どころ。
「自分が正しいと思っていることでも、他人には間違って見えることもある。自分が信じるもので関わる人や人生が変わっていくので、すごく難しいと思いました。でも答えが一つあるとしたら、自信がないまま行動したり人の意見を鵜呑みにしたりせず、
自分が納得できる選択をすることが、一番大事なのかなと思っています」

 デビューして7年。最近は『HiGH&LOW』や『あなたのことはそれほど』など話題作への出演が相次いでいる鈴木さん。
「悪役だったりクズな男の役だったりが続いているので、一つのイメージは作れているのかなと思います。ただ、役の影響で僕自身も、夜の街で遊びまくってる相当悪いヤツだと思われているかも。そこがこの仕事のおもしろいところでもあるし、怖いところでもある。そろそろ、見てる人に愛される正義の役も演じてみたいです(笑)」

映画『東京喰種 トーキョーグール』

人の姿をしながら人を喰らう喰種が暮らす東京。大学生のカネキ(窪田正孝)は喰種の臓器を移植されたことで半喰種になってしまい、人間側の捜査官、亜門(鈴木)らとの戦いに巻き込まれていく。●7月29日より全国公開
●すずき のぶゆき 1992年10月14日、神奈川県生まれ。劇団EXILEのメンバーとして数々の話題作に出演。近作にドラマ『あなたのことはそれほど』など。

ノンノ2017年9月号掲載

▼ 関連記事もチェック!

What's New エンタメ 新着記事

Rankingランキング

ONE PIECE × non-no web 誕生日別★毎日占い

(C)尾田栄一郎/集英社

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪