ときめくおしゃれを毎日GET!

[PR]生田斗真&瑛太主演の映画『友罪』を、ノンノ専属読モ・カワイイ選抜が真剣レビュー!

2018年5月25日
©薬丸 岳/集英社 ©2018映画「友罪」製作委員会

もしも仲良くなった友達が過去に許されない罪を犯していたら、あなたならどうする? 生田斗真と瑛太が主演し、薬丸岳の同名小説を映画化した『友罪』は、そんな答えの出ない難しい問いを突きつける衝撃作。同じ町工場で働く益田(生田)が、同僚の鈴木(瑛太)を17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑い始めるミステリーで、主演の生田さんは「どういう形でも映像化して残すべき作品だと思った」ほど、強い思いで取り組んだそう。イケメン2人の迫真の演技合戦も見どころの作品を、non-noカワイイ選抜の東菜美子さん、鶴岡舞子さん、川手菜々子さんが紹介します!

川手菜々子さん(左)・鶴岡舞子さん(中)・東菜美子(右)

―1997年に起きた神戸連続児童殺傷事件の犯人である少年Aに着想を得ている物語。この事件は知ってた?

 「子供の頃に母から聞いたことがあったので、この映画を見て思い出しました。普段ニュースを見ていても被害者の立場になって考えることはよくあるんです。でも罪を犯した人の気持ちになることはなかったので、すごく見終わったあともモヤモヤしました」

鶴岡 「私は法学部に通っているので、悪い意味で歴史に残る事件として知っていました。映画では17年前に事件を起こした動機までは詳しく描かれていないんですよね。だから鈴木が更生しようとしているかよくわからなかったんです。それよりもリアルだと思ったのが、鈴木と惹かれ合う美代子(夏帆)。彼女自身も過去に闇を抱えていて、鈴木の存在を心の支えにしていたはずなのに、週刊誌を見た瞬間に避ける感じがリアルだなって。結局、自分のことを一番に考える感じがすごく人間くさいと思いました」

川手 「確かに、益田と鈴木の友人関係だけでなく、親だったり、恋人だったり、いろんな立場から犯罪の被害者と加害者、事件のその後を描いているのが印象的だったよね。私は実際に起きた事件の詳しい内容までは知らなかったけど、自分の想像を超える事件が毎日起きている今、向き合わなきゃいけない問題なんだなと感じました。一番印象的だったのは、息子が過去に事故を起こした山内(佐藤浩市)のドラマ。自分も家族が同じ状況になったら、罪を償う責任を一緒に負いながら、味方でい続けたいと思いました」

  • ©薬丸 岳/集英社 ©2018映画「友罪」製作委員会


  • ©薬丸 岳/集英社 ©2018映画「友罪」製作委員会


―関係性によっても対応が違ってくるよね。もし大好きな恋人が過去に罪を犯していたら、自分ならどうすると思う?

鶴岡 「益田の元恋人で雑誌記者の清美(山本美月)が同じことを聞かれたときに、『私はそういう人と関わらないように生きてきた』と言ったセリフがすごい印象に残っていて。私の生きている世界と一番近いのが、彼女だなと思いました。でもそう思っていても出会う確率はゼロじゃないんですもんね……。実際に経験していないのでわからないですけど、正直受け入れられないと思います」

 「私も関わりたくないと思っちゃうと思います。やっぱり家族と違って他人ですからね」

川手 「うん。やっぱり自分にも同じくらい暗い過去がないと、本当の意味で理解し合えないのかもしれません」

―では、もし友達が犯罪者だったとしたら?

 「うーん。どうするだろう。やっぱり自分が巻き込まれちゃうことが怖いから、距離を置くかも」

鶴岡 「でも『過去に罪を犯していることがわかったから、もう付き合いません』と言ったら、変に恨みを買っちゃいそう。なんか当たり障りなく、ちょっとずつ距離を置くようにするかな。それが一番無難じゃない(笑)?」

川手 「そっか。私は友達だったらそこまでシャットアウトしないかな。もし瑛太さん演じる鈴木みたいに心を開いてくれたら、味方になりたいと思うかも。表面上だけでもうまくやっていくことはできるし、社会復帰できないくらい拒絶することはないと思います」

 「でもそもそも益田と鈴木って、学校が同じで常に一緒に行動したり遊んだりする友達じゃなく、過去に罪悪感を抱えている共通点があったから距離を縮められた関係性だと思うんです。そういう関係って、お互いのことをどのくらい信頼しているのかなーって。友達って言えるのか、私には疑問に感じました」

What's New エンタメ 新着記事