ときめくおしゃれを毎日GET!

ハイライトの使い方を超ていねい解説!【可愛いの基本ビューティ】

テカリに見せずに立体感もツヤもUP! 今っぽハイライトで美肌盛り♡ の基本

トレンドのメイクに欠かせないハイライトは、美肌も立体感も可愛げ盛りも叶える魔法のようなアイテム♡ 失敗なくできる今っぽい入れ方や、選び方をしっかりおさらいして差をつけて!

読者896人に聞いた! みんなのハイライト事情

2019年8月16日~18日 non-noLINE会員にアンケート募集、896人が回答。

ハイライトを使ったことがありますか?

9割の女子が「ハイライトを使ったことがある」という結果に。キャンメイクなどプチプラからRMKなどデパコスまで、話題&人気ブランドの愛用者多数!

ハイライトはみんなの定番アイテムピョン
持ってるハイライトの種類は?

王道は単色のパウダータイプ。次点で多色タイプ。いずれにせよ、メイクの仕上げにささっと使えるパウダータイプが主流なもよう。3位にランクインしたクリームタイプは、今流行りのうるおいたっぷりなツヤめきメイクをしたいコに人気!

ハイライトを使う一番の目的は何ですか?

1位&3位は顔の弱点克服系。その他「肌色を白く見せたい」などの声も多かった! 本来のハイライトらしい効果、肌にツヤを出したいという意見も多く、堂々2位に。ハイライトにできることって無限大♡

普段、ハイライトをどこに入れてますか?

鼻筋、Cゾーンなどの王道エリアから、唇の回りや眉間など、ここ数年のハイライトブームでメジャーになった場所に入れているという声が多数。

ハイライトについて知りたいことは?

テクスチャーや色によっての違い、入れる場所による効果の違いなど、"なんとなくつける"から脱したいという女子がたくさん。これもハイライトが今大人気の証し!

ハイライトのお悩みは?

ただ入れればいいと思っていると、テカって見えたり、逆にデカ顔に見えてしまうことも。そんな落とし穴があることも事実……。

みんな不安なんだニャン
使用率は高く、使い方もなんおなく知っているけど自分に合っているのか、効果があるのか、自信がない

マストハブアイテムになりつつあるハイライトだけど、正しい使い方や入れる場所による効果の違いなど、知識とテクなしではむしろ、テカリ顔、毛穴目立ち肌に見えてしまうという大きな落とし穴が。悩みや効果を狙い通り得るためにも、まず、きちんとした今ドキの入れ方を覚えて"なんとなく"を脱して!



「今っぽハイライト」は
面で入れない、が正解!

「仕上げにのせると一気に華やかな顔に変身できるのがハイライト! たとえるとしたら、ケーキ作りの最後に振りかけるサラサラな粉砂糖みたいな存在かな? だけどそれものせすぎると甘すぎておいしくない。ハイライトも一緒。ただのせるだけでなんとなく"やった感"が得られることも事実だけど、やりすぎると古い顔に逆戻りしちゃうし、抜け感ゼロ! 今っぽ顔になるには、どんなテクスチャーでも指で、範囲を狭めて入れると失敗しにくいはず。ポイントメイクを引き立てる脇役に徹することも大事」

ヘア&メイクアップアーティスト

吉﨑沙世子さん

本誌をはじめ多くの雑誌やメディアで活躍。並外れたバランス感覚とトレンドキャッチ能力で、抜け感ありきの今っぽ顔を叶える神。


\「今っぽハイライト」で美肌盛り♡の基本はこちら/

◀左右にスライド▶

ハイライトの使い方を超ていねい解説!【可愛いの基本ビューティ】_1_12-1

1/5

ハイライトの使い方を超ていねい解説!【可愛いの基本ビューティ】_1_12-2

2/5

ハイライトの使い方を超ていねい解説!【可愛いの基本ビューティ】_1_12-3

3/5

ハイライトの使い方を超ていねい解説!【可愛いの基本ビューティ】_1_12-4

4/5

ハイライトの使い方を超ていねい解説!【可愛いの基本ビューティ】_1_12-5

5/5

2019年12月号掲載

What's New可愛いの基本Beauty 新着記事

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪