ときめくおしゃれを毎日GET!

ふみか×メンズ服。気鋭のスタイリストとコラボ!【馬場ふみかのふみかける】

馬場ふみかのふみかける FUMI×

大好評連載「馬場ふみかのふみかける」。今回のゲストはカルチャーにも精通する気鋭のスタイリスト。ふみか自身、好きだからこそ深さを実感するメンズ服の世界。

山田陵太さんインスタグラム

スタイリスト

 

ショップスタッフを経てスタイリストに。メンズ誌やブランドのスタイリング、ディレクション等で活躍。シンプルじゃないのにまとまった計算されたバランスと、さまざまなカルチャーの知識に裏づけされた文脈のあるスタイリングは業界からの支持も厚い。

 

non-no 2020年9月号掲載『馬場ふみかのふみかける』 スタイリスト・山田陵太さんとコラボ!

 

――  お二人は、もともと面識があったそうですね。

 

山田 共通の知り合いに洋服のブランドをやっているデザイナーがいて、何度か会ったことがあったんです。一緒に仕事をするのは、この間が初めてだったんですけど。

 

ふみか そのブランドが作ったオリジナル日本酒のプロモーション映像の撮影ですよね。

 

山田 あの時は日本酒を飲みながらの撮影だったんですけど、ふみかちゃんの印象は……お酒がけっこう強いんだなって(笑)。

 

ふみか うーん、まちがいないです(笑)。

 

山田 演者の中で一人だけ全然酔っている感じがしなかった(笑)。しかも、その時も撮影場所はデザイナーの自宅で、今日は僕の自宅だったから、今のところ自宅撮影でしか一緒に仕事をしてないっていう(笑)。

 

ふみか 確かに(笑)。だいぶアットホームですね(笑)

 

――  連載のオファーは、その時のお仕事がきっかけだったんですか?

 

ふみか その撮影の時には、すでにオファーをさせてもらってました。これまでも男性のスタイリストさんとお仕事させていただく機会はあったのですが、用意してくださるお洋服は基本的にレディース。でも、私自身は「ガチなメンズのお洋服も着たい!」っていう欲も強かったので、それを実現したくて山田さんのお名前を挙げさせていただきました。

 

山田 ふだん買う服は、メンズが多いの?

 

ふみか どっちも買います。AURALEEみたいなメンズもレディースもあるブランドも好きです。

 

山田 じゃあ、展示会に行った時は会場全体を見てまわらなきゃいけないんだ。

 

ふみか そうなんです。だから時間も倍かかります(笑)。昔から通っている地元(新潟)のセレクトショップにも、あまり分けずにメンズもレディースも置いてあって、お店のスタッフさんに「これメンズだけど似合うから着たらいいじゃん」って、すすめてもらったものがしっくりきたりもします。

 

山田 男性が着てカッコいいものは、女性が着ても大体カッコいい。逆は相当ハードルが高いので、どっちも楽しめるのは女の子の特権だなと思います。

non-no 2020年9月号掲載『馬場ふみかのふみかける』 スタイリスト・山田陵太さんとコラボ!

上にはおったジャケット¥40000・シャツ¥31000・パンツ¥36000/ジェットン ショールーム(ウィリー チャヴァリア) ジャケット¥56000/ミスターハリウッド(N.ハリウッドコンパイル) 靴/スタイリスト私物

――  今回山田さんがご用意なさったアイテムは、すべてメンズのブランドのものでした。スタイリングにスカートやワンピースを加えなかったのは、なぜですか?

 

山田 自分がこの連載に呼んでもらった意味や、自分しかやらなそうなことを考えたからですね。メンズってわりとルーツのある服が多くて、そこが面白いところなんですが、僕自身はそういう服のテイストを混ぜてスタイリングするのが好きなんです。たとえばジャージに革靴とか、ナイロンとツイードとか。

 

ふみか うんうん、素敵でした。しかも、個人的にもともとデニムが大好きだから、今日のスタイリングはうれしかったです。

 

山田 今日のデニムはもともとセットアップで、WILLY CHAVARRIAというブランドのもの。コレクションをニューヨークでやっていて、女の子であんまり知っている人もいないけど、特徴的で可愛いかたちなので今回選ばせてもらいました。

 

ふみか またひとつ素敵なブランドに出会えてよかったです!

 

――  スタイリングのテーマは、“ザ・男前”だと伺いました。言葉だけ聞くと重くなりそうなところを、さらっと見せているところがさすがです。

 

山田 僕の場合、完全に方向性が決まったスタイリングを組む仕事だけではなくて、ブランド全体のディレクションなどもしているので、画を作りたい、という目線が強いんです。だから、1枚の写真になった時どう見えるかをイメージして、そこから逆算して洋服を着せている場合も多くて。今回は座って撮るということを事前の打ち合わせで決めていたので、座った時のおさまりありきで組みました。この格好で街に行くとか生活するとかじゃなくて。ファション写真としてのかっこよさを考えています。だって、ジャケット裏返しで着てますし(笑)。

 

――  ヘアメイクさんやフォトグラファーさんには、どういうディレクションをされましたか?

 

山田 “ザ・男前”というテーマは自分の中であったんですけど、宝塚の男役みたいにしたいわけじゃなくて、女の子が男前な服を着ることで結果可愛く見えるようにしたかったんですよね。メイクも写真も服に寄せすぎると強い女性にハマりすぎちゃうから、できるだけナチュラルにすることで、逆に女っぽく見えるように狙いました。

 

――  ちなみに、今回の撮影場所が山田さんのご自宅だったのは……?

 

山田 なんでなんですかね(笑)? 引っ越してきたばっかりで新鮮さがあったからかもしれないです。見る人からしたら別にそこは関係ないことですけど、自分は常にフレッシュな気持ちで撮影できたほうがいいし、1度も撮ったことない場所っていうのは魅力のひとつでした。

 

ふみか 貴重なタイミングでおうちにお邪魔させていただいて、ありがとうございました、私にとっても新鮮な気持ちとリラックスした気持ち、両方を持って臨めたのでよかったです。山田さんの可愛いお子さんに見守られながら撮影できて、とっても癒されました♡

2020年9月号掲載

What's New馬場ふみかのふみかける 新着記事

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪