ときめくおしゃれを毎日GET!

ウラジーミル・リトヴィンツェフ★ アゼルバイジャンの美しすぎる新星【フィギュアスケート男子】

Vladimir Litvintsev
ウラジーミル・リトヴィンツェフ

ウラジミール・ リトヴィンツエフ

2001年2月18日生まれ、ロシア モスクワ出身のアゼルバイジャン代表。
身長167cm。趣味は音楽。
モスクワにある有名スポーツ教育学校「サンボ70」で練習を積む。

今絶対注目しておきたいネクストブレイクスケーター!

ウラジミール・ リトヴィンツエフ

国籍を変え、2018-2019シーズンよりアゼルバイジャン代表に。今シーズンもジュニアとシニアの両方の大会に出場。日本で開催された2019年の世界選手権で、「あの王子様のような選手は誰?」とフィギュアスケートファンの間で話題になったほどのルックスの持ち主。スミレ色の衣装をまとい、キラキラした瞳で王道のバレエ曲「くるみ割り人形」を披露、堂々とした演技で自己ベストを更新した。今季はシニアのグランプリシリーズにも初参戦し、ロステレコム杯に出場予定。自身のインスタグラムに、4回転サルコ―を跳ぶ姿を投稿するなど、技術面でもどんどん成長中。今後ますますファンが増えそうな予感。

今シーズンのプログラムは?

SP: 「Blues for klook」

FS: 「Hallelujah」

ショートプログラムはシックで透け感が絶妙な衣装で、クールに滑り上げる。

フリープログラムは、自身が大ファンと公言しているカナダのパトリック・チャンが引退前のラストシーズンに使用した曲でもある「ハレルヤ」。翼を宿した美しい衣装にも注目。

▷instagram:@vladimirlitvintsev

他のイケメンフィギュア男子を見る

Index

What's Newフィギュアスケート 新着記事

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪