ときめくおしゃれを毎日GET!

島田高志郎★ シニアデビュー2シーズン目! 8等身細マッチョで抜群のスタイル【フィギュアスケート男子】

島田高志郎
Koshiro Shimada

島田高志郎(しまだこうしろう)

2001年9月11日生まれ、愛媛県松山市出身。
身長176cm。趣味は音楽鑑賞、ゲーム、一人旅、料理。
2018年ジュニアグランプリファイナル銅メダル。
ステファン・ランビエールコーチのもとで実力をつけ、シニアデビュー2シーズン目の19歳。
2020年、羽生結弦選手と同じ早稲田大学人間科学部のeスクールに進学。

フィギュアスケートの未来を背負う19歳

島田高志郎(しまだこうしろう)× ステファン・ランビエール(コーチ)

小学4年生の時、本格的にスケートに取り組むため、生まれ故郷の愛媛から岡山に移住。2017年には、2006年のトリノオリンピック銀メダリスト、ステファン・ランビエールコーチに師事、15歳で単身スイスへと練習拠点を移した。以前から定評のあった長い手足を活かした表現力に加え、ステファンのものとで4回転ジャンプを身に着け、技術面でも進化を続けている。ジュニアとして出場した2018年の全日本選手権では、ショート3位、総合5位という輝かしい成績を残し、日本の若手エースへと成長した。

ステファン・ランビエールのプロフィールを見る

島田高志郎(しまだこうしろう)

2018年のジュニアグランプリファイナルで見事表彰台に上がり、翌シーズンからシニアに参戦。グランプリシリーズデビュー戦となったスケート・アメリカでネイサン・チェン、NHK杯で羽生結弦と世界のトップ選手と対戦。思い描く演技を見せることはできなかったが、今後シニアで戦っていく上で様々なことを学んだと言う。

2020-2021シーズンは、ひとつひとつの試合を大事にしながら、4回転ジャンプの精度をさらに上げていくことが目標とのこと。

島田選手の意外なギャップにキュン

島田高志郎(しまだこうしろう)

親元を離れ、スイスのシャンペリーでスケート漬けの日々を送る島田選手。空いている時間は自分で食材を買って食事を作ったり、洗濯をしたりなど慣れない土地で毎日大奮闘中のよう。同じくステファンのもとで練習に励む、大親友でありライバルの デニス・ヴァシリエフスとは、一緒に料理をしたり海に遊びに行ったりと、プライベートでも仲がよい姿を披露している。以前は憧れの存在だったというステファンとは、今では信頼関係を築き、父親のように慕っているそう。

デニス・ヴァシリエフスのプロフィールを見る

ベビーフェイスながら、6つに割れた腹筋や、ハスキーな低音ボイス、試合後の会見で流ちょうな英語を話す姿など、そのギャップに心を射抜かれる女子も多数。8頭身の、日本人離れしたスタイルのよさにも注目。

今シーズンのプログラムは?

SP:Fire Dance by Jennifer Thomas

FS:Rhapsody on a Theme of Paganini

 

ノービス時代から幾度も振付をお願いしている宮本健二さんと、4年ぶりのタッグが実現したのが ショートの「ファイアーダンス」。

曲は自身で選んだとのことで、フラメンコ調の情熱的なナンバー。長い手足を大きく使い、燃え盛る炎を表現している。

フリーの「パガニーニの主題による狂詩曲」は、かつて羽生結弦選手や、浅田真央さんも滑ったことのある名プログラム。今回は後半にボーカルが入った編曲で、振付はコーチのステファン。 前半のテクニカルなパートから、後半へと進むにつれて柔らかな雰囲気へと変化していく雄大なプログラム。4回転を3本組み込み、昨年より構成を上げながらも、ゆったりと余韻のある滑りで魅せてくれる。

島田高志郎(しまだこうしろう)

SP:Stay
FS:「アーティスト」

ショートは島田自身もプログラム作りに関わったという意欲作で、切ない恋を描いたちょっと大人なプログラム。フリーの「アーティスト」は不慮の死を遂げたデニス・テンの使用した曲で、コーチのステファン・ランビエールが振付を担当。ピンクの衣装でチャーミングに滑り上げる。

島田高志郎(しまだこうしろう)

シーズンの成績

 2020-2021

  • ●全日本選手権 8位

 2019-2020

  • ●ネーベルホルン杯 2位
  • ●ジャパンオープン 4位
  • ●【GPシリーズ】スケートアメリカ 10位
  • ●【GPシリーズ】NHK杯 9位
  • ●全日本選手権 10位

他のイケメンフィギュア男子を見る

Index

What's Newフィギュアスケート 新着記事

  • 西山真瑚★ シングルとアイスダンスの二刀流次世代スター!【フィギュアスケート男子】

    2002年1月24日生まれ、東京都出身。目黒日本大学高等学校在学。 身長173cm。趣味はF1観戦・スポーツカー鑑賞。 2018年、新たにアイスダンスの種目にも挑戦することを決意。現在男子シングル、アイスダンスの二刀流でシーズンに参戦中。 ついつい女性の華やかさに目線がいきがちなアイスダンスにおいて、唯一無二の輝きを放つ今大注目のスケーター。

    フィギュアスケート

    2021年1月22日

  • 宇野昌磨、羽生結弦、鍵山優真ら出場! 全日本選手権2020の見どころ【フィギュアスケート男子】

    国内の有力選手が一堂に会する全日本選手権の舞台は、6年ぶりの開催となる長野。 北京オリンピックプレシーズンとなる今季。全日本選手権は、オリンピックの出場枠を決める世界選手権の最終選考会も兼ねた非常に重要な大会。さらに宇野昌磨選手、羽生結弦選手にとっては今シーズン最初の試合ということで、その演技に世界から注目が集まる。 また鍵山優真選手、佐藤駿選手をはじめとする若手の台頭により、国際試合さながらの熾烈な戦いが予想される今大会。男子のショートプログラムは25日開催。氷上で繰り広げられる聖夜の一戦をお見逃しなく。

    フィギュアスケート

    2020年12月24日

  • 佐藤駿★ 高難度ジャンプを武器にシニアに参戦! ちょっぴりシャイな若手のホープ 【フィギュアスケート男子】

    佐藤駿 2004年2月6日生まれ、宮城県仙台市出身。 身長162cm。趣味はデメキンの飼育。 2019年ジュニアグランプリファイナル優勝、全日本選手権5位、全日本ジュニア選手権2位。 ジュニアで鍵山優真選手と双璧をなしていた若手のホープがついに今シーズンよりシニアへ。4回転ルッツをはじめとした圧倒的なジャンプセンスを武器に北京オリンピックピック代表を目指す。 試合の必需品はパンダのティッシュケース。

    フィギュアスケート

    2020年12月24日

  • 羽生結弦★ 世界が認める麗しき絶対王者。その魅力を徹底解剖!【フィギュアスケート男子】

    1994年12月7日生まれ、宮城県仙台市出身。身長172cm。趣味は音楽鑑賞。オリンピック2連覇、グランプリファイナル4連覇、世界選手権2回優勝したほか、ショート、フリーの歴代最高得点など、数々の記録を塗り替えてきた絶対王者。2018年、個人最年少での国民栄誉賞受賞。国内外を問わず多くの人々を魅了する、日本が誇る世界的スーパースター。今季は前人未踏の4回転アクセルの習得を目指す。

    フィギュアスケート

    2020年12月24日

  • 【宇野昌磨】挑戦と栄光の軌跡|2014~2020年の試合をプレイバック!【フィギュアスケート男子】

    平昌オリンピック銀メダリストで全日本選手権4連覇。見る者の心を揺り動かす情熱のスケーター・宇野昌磨。 初めて4回転ジャンプを習得し、世界ジュニア選手権で優勝したジュニアラストシーズンから、コーチ不在の中自分と向き合い続けた激動の2019-2020シーズンまでを、厳選写真とともにプレイバック。

    フィギュアスケート

    2020年12月23日

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪