ときめくおしゃれを毎日GET!

ボーヤン・ジン★ 美肌&笑顔も魅力! 中国のNO.1スケーター【フィギュアスケート男子】

Boyang Jin
ボーヤン・ジン

金 博洋 Boyang JIN ボーヤン・ジン

金博洋

1997年10月3日生まれ、中国 ハルビン出身。

身長171cm。趣味は電子ゲーム、音楽、インターネット、靴集め。

国内の選手権で5度優勝、2018年平昌オリンピック4位、2019年グランプリシリーズ中国杯優勝、2020年四大陸選手権4位。

ジュニア時代から3種類の4回転を跳ぶ、男子4回転時代の立役者。

愛称は幼名の天天

男子4回転時代の立役者、ボーヤン・ジン

金 博洋 Boyang JIN ボーヤン・ジン

ジュニア時代からトーループ、サルコー、ルッツの3種類の4回転ジャンプを完成させていたボーヤン。

2015-2016シーズン、シニアに上がる否や、フィギュア界史上初となる国際大会での4回転ルッツ、3回転トーループのコンビネーションジャンプに成功。四大陸選手権で銀メダル、世界選手権では銅メダルを獲得と、鮮烈なシニアデビューを飾った。 2016-2017シーズンのショートプログラムは、自身の代表プログラムのひとつともいえる「スパイダーマン」。世界選手権で自身初の300点超えを達成するなど、さらなる躍進を遂げた。

2018-2019シーズン前半は、ケガなどの影響もあり、実力を存分に発揮できない時期が続いたものの、四大陸選手権2位、世界選手権5位とシーズン後半には復調のきざしを見せた。

また近年はジャンプだけではなく表現面での成長も顕著で、2022年母国開催の北京オリンピックに向けて日々進化を続けている。 また、ボーヤンのジャンプといえば、エッジの正確さも有名。高難度の4回転ルッツを跳ぶことのできる選手が増えた現在においても、彼のルッツジャンプの完成度は別格で、お手本とされている。

可愛い笑顔で愛されキャラ!

演技中以外はいつもニコニコしていて、チャーミングな表情を見せてくれるボーヤン。 日本で開催されたアイスショーではセーラー服姿で登場し、会場を沸かせたことも。 常にフレンドリーなボーヤンは、羽生結弦選手や宇野昌磨選手といった日本のスケーターたちとも仲が良く、選手同士でじゃれ合う微笑ましい光景も度々目撃されている。 また、その美肌やファッションセンスにも注目が集まっており、InstagramやWeiboではおしゃれな私服姿を多く見ることができる。

今シーズンのプログラムは?

SP:Trio 1 in D by Kirill Richter

       Mechanisms by Kirill Richter

FS:House of the Rising Sun performed by The House on Cliff

ショート、フリーともに新プログラムを披露予定。中国杯でお披露目を待ちたい。

SP:「First Light」
FS: 「The Path of Silence」ほか

2016-2017シーズン以降、ボーヤンの競技用プログラムの振付は、ローリー・ニコルが担当。今シーズンのショートは、深い暗闇の中で、様々な経験を通して希望の光を見つけていくという物語。ケガなどに苦しむ時期がありながらも、4年ぶりのグランプリファイナル出場を決め、北京オリンピックに向けて調子を取り戻してきているボーヤンにぴったりのプログラム。

フリーは、今季初タッグとなる新進気鋭の若き振付師、ブノワ・リショーに依頼。脈打つ心臓の鼓動を加えアレンジされた壮大なプログラムで、新境地を見せてくれる。

ショート、フリーともに衣装は初めて伊藤聡美さんに依頼。伊藤さんは、羽生選手を始め数々のトップスケーターの衣装を制作する、今最も注目を集めるデザイナーの一人である。

▷instagram:@1j0b0y3

▷Weibo:金博洋的天天

他のイケメンフィギュア男子を見る

Index

What's Newフィギュアスケート 新着記事

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪