ときめくおしゃれを毎日GET!

宇野昌磨★ 情熱のスケーティングと意外な素顔のギャップ系イケメン【フィギュアスケート男子】

宇野昌磨
Shoma Uno

宇野昌磨(うのしょうま)

1997年12月17日生まれ、愛知県名古屋市出身。
身長158cm。趣味はダーツ、ゲーム。
中京大学在学。
2018年平昌オリンピック銀メダル、2017-2018年世界選手権銀メダル、2019年四大陸選手権優勝、2016-2018年全日本選手権3連覇。人気、実力ともに兼ね備えた、世界で戦うトップスケーター。

浅田真央に続く、名古屋が生んだトップスケーター

宇野昌磨(うのしょうま)

5歳の時に参加したスケート教室で浅田真央と話したことをきっかけに、フィギュアスケートを始めた宇野昌磨。ジュニア時代からめきめきと頭角を現し、2014-2015シーズンには、4回転トウループを成功させ、グランプリファイナル出場を決め、銅メダルに輝くという偉業を成し遂げた。五輪初出場となった2018年平昌オリンピックでは、フリープログラム「トゥーランドット」で堂々たる演技を披露し、銀メダルを獲得。羽生結弦選手と一緒に日本人ワンツーフィニッシュを果たした。

魂のこもった演技で、国際大会で初めての優勝を勝ちとる

宇野昌磨(うのしょうま)

出場した試合で必ずメダルを獲得という安定した成績を残すも、国際大会ではなかなか金メダルを取ることができなかった宇野選手。自ら“シルバーコレクター”の名を返上するとして臨んだ2019年の四大陸選手権では、怪我の影響もありショートで出遅れながらも、フリーでは気迫あふれる演技で世界最高得点をたたき出し、見事逆転優勝。演技後リンクに倒れ込み、すべての力を出し切った姿に多くのファンが胸を打たれた。

2019-2020シーズンは一人で戦うことを決意!

宇野昌磨

宇野選手の武器は、世界で初めて成功させた4回転フリップを含む4種類の4回転ジャンプと、伸びやかなスケーティング、最高のレベル4を獲得するスピンやステップ。さらに確固たる自分の信念を持ち、ストイックにスケートに取り組む姿も魅力のひとつ。 そんな宇野選手にとって大きな変革の年となる2019-2020シーズン。長年師事してきたコーチの元を離れ、メインコーチをつけずにシーズンに挑むことを発表。ジャンプや点数にこだわらず、完成度や表現面を磨いていきたいと、自らの力で新たな道を切り開いていくことを決意した。

リンクの外での意外な素顔!

宇野昌磨(うのしょうま)

ゲームが大好きで、スケート以外の時間はゲームしかしていないと言う宇野選手。他にも野菜嫌いで、肉ばかり食べていることなど、アスリートらしからぬ一面も人気の理由のひとつ。弟・樹さんのSNSでは、普段の宇野選手の表情を見ることができるのもうれしい。

また、出演するアイスショーでは、アニメのキャラクターのコスプレをするなど、試合の時とは違う、可愛らしい宇野選手の衣装を堪能できる。

今季のプログラムは?

SP: Great Spirit
FS: Dancing On My Own

これまで競技プログラムの振付は、すべて樋口美穂子コーチが担当していたため、メインコーチ不在の今季は2人の名振付師のもと、新たな宇野昌磨の演技を見ることができる。
ショートは、シェイリーン・ボーンが担当し、昨年のエキシビションナンバーを競技用にアレンジ。氷の上を最大風速で駆け抜ける、スピード感満載のエネルギッシュなナンバー。
フリーはデヴィッド・ウィルソンが担当。ショートとは対照的に、柔らかくスローテンポの曲で、伸びやかなスケーティングが際立つプログラムとなっている。

他のイケメンフィギュア男子を見る

Index

What's Newフィギュアスケート 新着記事

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪