大学生の支持率No.1メディア

鍵山優真★ 今季シニアデビュー! 日本スケート界の未来を担うサラブレッド!【フィギュアスケート男子】

鍵山優真
Yuma Kagiyama

フィギュアスケート男子シングル鍵山優真選手

2003年5月5日生まれ、神奈川県横浜市出身。

星槎国際高横浜在学。

身長160cm。趣味はゲーム、音楽鑑賞。

2018年全日本選手権6位、2019年全日本ジュニア選手権1位、全日本選手権3位、2020年ユースオリンピック1位、四大陸選手権3位。

次世代エースとの呼び声が高い、現在急成長中のスケーターがついに今シーズンよりシニア参戦。コーチは元・オリンピック代表で、実の父でもある鍵山正和さん。

圧倒的存在感! トータルバランスに優れ、世界トップクラスの実力をもつ17歳

フリープログラム「タッカー」の演技を終えたフィギュアスケート男子シングル鍵山優真選手

実の父である正和さんは、1992年、1994年と二度のオリンピック男子シングル代表に選ばれたという経歴をもち、日本人で初めて4回転ジャンプに挑んだ選手でもある。

その父の影響でスケートを始めた鍵山選手は、安定感があるジャンプと、ステップやスピン、スケーティングの滑らかさなど、総合力の高さが武器。特に、男子では取り入れる選手が少ないドーナツスピンは、姿勢も非常に美しく完成度が高い。

破竹の勢いで進化を続けた2019-2020年シーズン

実の父でオリンピック出場経験もある正和コーチと、フィギュアスケート男子シングル鍵山優真選手がキス&クライで握手を交わす様子

2018年の全日本選手権では、初出場にしてショート6位につけ、フリーで最終グループに入るなど一躍注目を浴びた鍵山選手。

その勢いはとどまるところを知らず、新たに4回転ジャンプを習得して迎えた2019-2020年シーズンは、ジュニアグランプリシリーズフランス杯で1位。全日本ジュニア選手権では、ISU非公認の記録ながら当時のジュニア最高得点で完全優勝、国内大会初のタイトルを獲得した。

このような活躍もあり、自身が目標としていた、2020年1月に開催される冬季ユースオリンピックの代表に選出され、さらに旗手を務めることも決まった。

2019年のジュニアグランプリファイナルでは、ショートで珍しく回転がほどけるミスがあり6位と大幅に出遅れるも、フリーでは4回転からのコンビネーションジャンプで高い出来栄え点を獲得。巻き返して4位に入った。

フリープログラム「タッカー」の演技を終えたフィギュアスケート男子シングル鍵山優真選手

悔しさを滲ませるも既にその目は前を向き、迎えた2019年末の全日本選手権。

ショートでは、冒頭でトリプルアクセルが半回転となり0点となるも、その後予定していた3回転ジャンプを4回転に変更するリカバリーを見せ、7位からのスタート。

フリーは、2本の4回転ジャンプやトリプルアクセルを大きく加点の付く出来栄えで成功させ、シニアの選手を抑えて、2位のスコアをたたき出した。総合でも、ISU非公認の記録ながら、当時のジュニア世界最高得点を超え見事3位。ジュニアの選手ながら、憧れの宇野昌磨選手、羽生結弦選手と並び、念願の表彰台に上った。

ユースオリンピック見事優勝!

ユースオリンピックで金メダルを獲得したフィギュアスケート男子シングル鍵山優真選手

15~18歳までのアスリートを対象としたユースオリンピックの出場権を獲得し、大会の注目選手として日本の旗手も務めた鍵山選手。

ショートでは、コンビネーションジャンプで壁にぶつかるアクシデントがあり3位発進。逆転を狙うフリーでは、スピン、ステップすべて最高レベルのレベル4を獲得、質の高いジャンプで加点をもらい、自己ベストを更新。ロシアの有力選手たちを抑え、逆転優勝を果たした。

ジュニアの選手とは思えない、大人びた圧巻の演技を見せてくれた鍵山選手だが、キス&クライで、渾身のガッツポーズとともに喜びを爆発させる等身大の姿に、世界中から「素晴らしい!」の声とともに「かわいい」の声も殺到。

ジュニアながらシニアの国際大会で銅メダル獲得!世界にその名を知らしめた 

2020年四大陸選手権フィギュアスケート男子シングルで、羽生結弦選手とともに表彰台に上がった鍵山優真選手。

その勢いのまま迎えたシニアの大舞台、四大陸選手権。

初のシニア国際大会出場とは思えない堂々とした滑りで観客を魅了し、強豪選手を抑えて見事銅メダルを獲得。華々しいシニアチャンピオンシップデビューを果たした。

表彰台が決まった瞬間、「うそでしょ? まじで?」と思わず漏らしてしまうほど、驚いていた様子の鍵山選手。演技中とは異なる初々しい表情を覗かせた。

世界ジュニア選手権2020のキス&クライで笑顔を見せるフィギュアスケート男子シングル鍵山優真(Yuma Kagiyama)
世界ジュニア選手権ショートプログラムを終えたキス&クライで、佐藤操コーチが手のひらに書いた「父」の字を見せる場面。今回帯同できなかった父・正和コーチの思いまで運んできてくれたかのような感動的なサプライズ。

ジュニア最後の試合となった世界ジュニア選手権。ミスが出ることが多かったショートをノーミスで完成させ、1位発進。フリーでは、シーズンを通して安定感のあった4回転トーループで転倒、トリプルアクセルも1回転となってしまい惜しくも総合2位という結果に。「緊張して6分間練習から身体が動かなかった」と語った鍵山選手。この悔しさをバネに、今シーズンはシニアという大舞台で更なる躍進を見せてくれるはず。

好きなキャラクターはスヌーピー! 愛称はゆまち。

日本男子フィギュアの未来を背負う一人である鍵山選手も、フィギュアスケート以外では17歳の高校生らしい一面も見せる。

趣味はゲームや寝ること。InstagramのストーリーズやTwitterなど、SNSも積極的に更新中。

好きなキャラクターはスヌーピーで、演技後はスヌーピーのぬいぐるみがリンクに投げ込まれることも。

今シーズンのプログラムは?

NHK杯2020でショートプログラム「Vocussion」を披露するフィギュアスケート男子鍵山優真選手

SP:「Vocussion」

FS:「Lord Of The Rings」→『アバター』より

今シーズンも長年タッグを組む佐藤操コーチ振付のプログラムを予定していたが、"シニアデビューのシーズンを飛躍の年にしてもらいたい"という佐藤コーチからの提案を受け、急遽プログラムを変更。浅田真央さんのプログラムでもおなじみの世界的な振付師ローリー・ニコルさんがオンラインでショートプログラムを振り付けた。

ショート「Vocussion」のテーマはシルクロード。新たな出会いや困難に直面しながら旅を通して経験を積んでいく姿が、シニアに挑戦し新たな世界に飛び出していく姿をリンクするプログラムとのこと。 パーカッションの音に合わせて複雑なリズムを刻むアップテンポの曲で、踊りこころを持ち合わせた鍵山選手にぴったりのプログラム。

自身で決めたというフリーは、ミュージカル版の「ロード・オブ・ザ・リング」で、振り付けは佐藤操コーチ。ストーリー仕立てになっており、平和への願いを込めて情感たっぷりに滑り上げる。中盤の剣を振り回すようなステップも見どころ。

関東選手権終了後、急遽フリーをショートと同じくローリー・ニコルさん振付の映画『アバター』に変更。キャラクターではなく、世界観を表現したいという思いから、舞台となる密林をイメージした深いグリーンの衣装で登場。4回転ジャンプ3本の他、男子では跳ぶ選手の少ないルッツ、ループのコンビネーションジャンプにもチャレンジしている。

NHK杯2020でフリープログラム「アバター」を披露し優勝したフィギュアスケート男子鍵山優真

11月日本を拠点とする選手を対象としたグランプリシリーズNHK杯に出場。ショート、フリーともに1位で完全優勝を果たし、存在感を見せつけた。
12月の全日本選手権ショートは、非公式ながら自己ベストを上回る得点で2位スタート。フリーでは、羽生選手、宇野選手にはさまれての滑走順で登場。プレッシャーがかかる中でも堂々とした滑りを見せ、見事銅メダル。2年連続の表彰台に上り、初めての世界選手権代表の切符を手にした。

SP: 『砂の器』より「ピアノ協奏曲 宿命」

FS: 映画『タッカー』より

ショート、フリーともに振付は、以前からタッグを組む佐藤操さん。

ショートは「ピアノ協奏曲 宿命」。これまでリズミカルな曲が多かった鍵山選手にとっては新境地となるプログラムだが、持ち前の表現力で物語を重厚に滑り上げる演技が期待される。

フリーは自身も好きだと語る、ジャズの調べが小気味良い『タッカー』。軽快なリズムに合わせて楽しそうに踊る姿が印象的な、躍動感のあるプログラム。

シーズンの成績

 2020-2021

  • ●関東選手権 優勝
  • ●東日本選手権 2位
  • ●【GPシリーズ】NHK杯 優勝
  • ●全日本選手権 3位
  • ●全国高等学校選手権 優勝
  • ●国民体育大会冬季大会(ジュニア) 優勝
  • ●世界選手権 2位

 2019-2020

  • ● 関東・サマートロフィー (ジュニア) 優勝
  • ● 【JGP】クールシュヴェル 優勝
  • ● 【JGP】バルティック杯 2位
  • ● 関東選手権 優勝
  • ● 東日本選手権 優勝
  • ● ウィンタートロフィー(ジュニア) 優勝
  • ● 全日本ジュニア選手権 優勝
  • ● 【JGP】ジュニアグランプリファイナル 4位
  • ● 全日本選手権 3位
  • ● ユースオリンピック 優勝
  • ● 四大陸選手権 3位
  • ● 世界ジュニア選手権 2位

▷Instagram:@yuma_kagiyama15

▷Twitter:@yuuuma1555

他のイケメンフィギュア男子を見る

Index

What's Newフィギュアスケート 新着記事

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪