ときめくおしゃれを毎日GET!

山本草太★流れるような演技が武器の美しき不死鳥 【フィギュアスケート男子】

山本草太
Sota Yamamoto

山本草太 やまもとそうた

2000年1月10日生まれ、大阪府岸和田市出身。 身長172cm。

趣味は映画、ウォーキング、長風呂。

2015年世界ジュニア選手権3位、2014年ジュニアグランプリファイナル2位、2015年全日本ジュニア選手権優勝、2019年全日本選手権7位。

美しいスケーティングと流れのある演技が魅力。

何度でも美しく蘇る。本来の輝きを取り戻すための、山本草太の熱き戦い

山本草太 やまもとそうた

2014年ジュニアグランプリファイナル2位、2015年全日本ジュニア選手権優勝、2015年世界ジュニア選手権3位と、ジュニア時代から輝かしい成績を残してきた山本選手。

ジュニア時代の2015-2016シーズン、初戦のフリーで自身初の4回転トーループを成功させたが、優勝が期待された世界ジュニア選手権の直前に右足首を骨折。さらに翌シーズンには復帰を前にして疲労骨折とケガが続き、長い間実戦から離れることを余儀なくされた。

それでもフィギュアスケートへの思いを諦めることなく、シニアに移行し前を向き続けた山本選手。3度の手術を経て、不死鳥のようにまたリンクへと舞い戻った。 その後一歩ずつ確実に技術を取り戻し、2018年の全日本選手権では、復帰後初めて試合で4回転トーループを着氷させた。総合では9位となったが、完全復活のきざしを見せた試合となった。

2019-2020シーズンは新たに4回転サルコーを習得。 フラワーボーイ時代から憧れの存在だという羽生結弦選手と、同じ国際試合にエントリーされたNHK杯では、4回転サルコーからの連続ジャンプを成功させるも、他のジャンプのミスもあり、前シーズンに続き総合6位と悔しさが残る結果に。

復帰後3度目の出場となる全日本選手権では、ショートでミスが続き13位からのスタート。それでも情熱を絶やさず、フリー後半は加点のつく美しいジャンプを決め、最後までスピードを落とすことなく滑り切り、結果は総合7位。前回大会より順位を上げ、笑顔で全日本選手権を終えた。

2020-2021年シーズンは、更なる飛翔を目指す

2020-2021年シーズンのフリースケーティング「ドラゴン」を披露する山本草太選手(Sota Yamamotoo)

今シーズンから、ノービス時代に師事していた大西勝敬コーチの元で練習に励む山本選手。

スケートに集中するため大学を休学し、並々ならぬ思いでスケートに向き合っている。

その成果は結果にも現れ、10月末に行われた西日本選手権では、4回転ジャンプ3本に挑戦、スピンは全てレベル4を獲得。ショート2位から逆転し見事優勝を飾った。

技術的にも精神的にも、進化が止まらない山本選手。次回はNHK杯で再び自分の限界に挑む。

今シーズンのプログラムは?

SP:黒い瞳

FS:「ドラゴン」

昨シーズンは初めて海外での振り付けを行ったが、今シーズンのショート、フリーはジュニア時代から振り付けをお願いしている宮本賢二さんが手掛けたもの。

ショートは、ロシアの皇帝エフゲニー・プルシェンコさん、町田樹さんなど名だたるスケーターたちも使用したロシアの民謡「黒い瞳」。徐々にテンポが速くなる曲に合わせ、力強く情熱的なステップを披露。妖艶で大人っぽい表情など、新たな魅力も見せてくれる。

フリーはノービス時代に滑ったことのある「ドラゴン」を使用。8年ぶりということで編曲や振り付けを変え、新たに生まれ変わったプログラム。昨シーズンより難易度を上げた3連続ジャンプや、持ち味のスピード感のあるスケーティング、見る人の心を奪う美しいチャイナ風衣装など、見どころが盛り沢山。

山本草太 やまもとそうた

SP:「エデンの東」
FS:「In This Shirt」

結果を求めて挑む今シーズンは、ショート、フリーともに、髙橋大輔選手の「道」でも有名な振付師・パスカーレ・カメレンゴさんに依頼し、初めて海外での振付に挑戦した。

ショートはかつて町田樹さんが滑り、名作と謳われた「エデンの東」。山本選手の持ち味である、流れるようなスケーティングを発揮できる構成で、曲がどんどん盛り上がっていくにつれて、内側から情熱がほとばしるような壮大なプログラムとなっている。

フリーも、ショートと同じく山本選手自身が選曲。4回転を3本入れる構成にチャレンジしている。後半からの畳みかけるような力強いステップは必見!

シーズンの成績

 2020-2021

  • ●中部選手権 優勝
  • ●ジャパンオープン 2位
  • ●西日本選手権 優勝
  • ●【GPシリーズ】NHK杯 8位
  • ●Aichi Figure Skating Competition 優勝
  • ●全日本選手権 9位

▷Instagram:@sota0110

▷Twitter:@so_ta0110

他のイケメンフィギュア男子を見る

Index

What's Newフィギュアスケート 新着記事

  • 西山真瑚★ シングルとアイスダンスの二刀流次世代スター!【フィギュアスケート男子】

    2002年1月24日生まれ、東京都出身。目黒日本大学高等学校在学。 身長173cm。趣味はF1観戦・スポーツカー鑑賞。 2018年、新たにアイスダンスの種目にも挑戦することを決意。現在男子シングル、アイスダンスの二刀流でシーズンに参戦中。 ついつい女性の華やかさに目線がいきがちなアイスダンスにおいて、唯一無二の輝きを放つ今大注目のスケーター。

    フィギュアスケート

    2021年1月22日

  • 宇野昌磨、羽生結弦、鍵山優真ら出場! 全日本選手権2020の見どころ【フィギュアスケート男子】

    国内の有力選手が一堂に会する全日本選手権の舞台は、6年ぶりの開催となる長野。 北京オリンピックプレシーズンとなる今季。全日本選手権は、オリンピックの出場枠を決める世界選手権の最終選考会も兼ねた非常に重要な大会。さらに宇野昌磨選手、羽生結弦選手にとっては今シーズン最初の試合ということで、その演技に世界から注目が集まる。 また鍵山優真選手、佐藤駿選手をはじめとする若手の台頭により、国際試合さながらの熾烈な戦いが予想される今大会。男子のショートプログラムは25日開催。氷上で繰り広げられる聖夜の一戦をお見逃しなく。

    フィギュアスケート

    2020年12月24日

  • 佐藤駿★ 高難度ジャンプを武器にシニアに参戦! ちょっぴりシャイな若手のホープ 【フィギュアスケート男子】

    佐藤駿 2004年2月6日生まれ、宮城県仙台市出身。 身長162cm。趣味はデメキンの飼育。 2019年ジュニアグランプリファイナル優勝、全日本選手権5位、全日本ジュニア選手権2位。 ジュニアで鍵山優真選手と双璧をなしていた若手のホープがついに今シーズンよりシニアへ。4回転ルッツをはじめとした圧倒的なジャンプセンスを武器に北京オリンピックピック代表を目指す。 試合の必需品はパンダのティッシュケース。

    フィギュアスケート

    2020年12月24日

  • 羽生結弦★ 世界が認める麗しき絶対王者。その魅力を徹底解剖!【フィギュアスケート男子】

    1994年12月7日生まれ、宮城県仙台市出身。身長172cm。趣味は音楽鑑賞。オリンピック2連覇、グランプリファイナル4連覇、世界選手権2回優勝したほか、ショート、フリーの歴代最高得点など、数々の記録を塗り替えてきた絶対王者。2018年、個人最年少での国民栄誉賞受賞。国内外を問わず多くの人々を魅了する、日本が誇る世界的スーパースター。今季は前人未踏の4回転アクセルの習得を目指す。

    フィギュアスケート

    2020年12月24日

  • 【宇野昌磨】挑戦と栄光の軌跡|2014~2020年の試合をプレイバック!【フィギュアスケート男子】

    平昌オリンピック銀メダリストで全日本選手権4連覇。見る者の心を揺り動かす情熱のスケーター・宇野昌磨。 初めて4回転ジャンプを習得し、世界ジュニア選手権で優勝したジュニアラストシーズンから、コーチ不在の中自分と向き合い続けた激動の2019-2020シーズンまでを、厳選写真とともにプレイバック。

    フィギュアスケート

    2020年12月23日

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪