ときめくおしゃれを毎日GET!

佐藤駿★ 高難度ジャンプを武器にシニアに参戦! ちょっぴりシャイな若手のホープ 【フィギュアスケート男子】

佐藤駿
Shun Sato

フィギュアスケート男子佐藤駿選手

2004年2月6日生まれ、宮城県仙台市出身。

身長162cm。趣味はデメキンの飼育。

2019年ジュニアグランプリファイナル優勝、全日本選手権5位、全日本ジュニア選手権2位。

ジュニアで鍵山優真選手と双璧をなしていた若手のホープが、ついに今シーズンよりシニアへ。4回転ルッツをはじめとした高難度ジャンプをこなす圧倒的なジャンプセンスを武器に、北京オリンピック代表を目指す。

試合の必需品はパンダのティッシュケース。

    

 

憧れは同郷の羽生結弦選手。ジャンプスキルは世界トップクラス!

荒川静香さん、羽生結弦選手らを輩出したアイスリンク仙台でスケートを始める。

全日本ノービス選手権4連覇などノービス時代から頭角を現しており、ジュニアでも初出場のジュニアグランプリシリーズでファイナル進出、優勝を決めるなど躍進を続けてきた。

現在4つの4回転ジャンプを習得しており、特に日本人選手の中でもわずかしか跳べない大技4回転ルッツを2回目の挑戦で着氷させたという驚くべきエピソードも。

フィギュアスケート男子鍵山優真と佐藤駿

同学年の鍵山選手とは、最高の親友で最高のライバル。互いに切磋琢磨し合うことで、日本男子フィギュアのレベルを引き上げている。

鍵山優真選手のプロフィールはこちら

氷の上ではアグレッシブな滑りを見せるが、リンクの外ではとても謙虚でシャイな性格。憧れの羽生選手と写真を撮りたくてもなかなか頼めずにいたというエピソードも。ちなみに携帯電話の待ち受け画像は羽生選手との自撮り写真で、幼い頃に羽生選手からもらったペンダントをつけて試合に臨んでいる。

ブレイクスルーの年となった2019-2020年シーズン

フィギュアスケート男子佐藤駿

初参戦のジュニアグランプリシリーズ初戦で初優勝、6人しか出場できないグランプリファイナルへの切符を手にすると、フリーでは基礎点の高い4回転ルッツを加点のつく出来栄えで成功させ、ジュニア歴代最高得点を更新。見事優勝に輝いた。

全日本選手権ショートでは、ジュニアのショートでは組み込むことのできない4回転ジャンプを急遽組み込み、羽生選手、宇野昌磨選手に続く3位に。世界ジュニア選手権の代表権もかかった大舞台で、体力的にも厳しい最後のジャンプを4回転トーループに変更するという攻めの姿勢を見せた。フリーではジャンプでの転倒があり6位となったが、シニアの強豪がひしめく中で総合5位と存在感を見せつけた。

世界ジュニア選手権は、ショートはすべてジャンプを成功、フリー前半ではジャンプのミスが続いたものの、後半は立て直し総合6位と大健闘。

数々の大舞台で有力選手たちと戦ったことで、世界を舞台に戦う意識が芽生え、気持ちも新たにネクストステージへと踏み出した佐藤選手。シニアデビューの今シーズンは、ジャンプに加え、スピンやスケーティング、表現にも重点を置いており、今後ますます得点を伸ばすことになりそうだ。

今シーズンのプログラムは?

SP:「パイレーツ・オブ・カリビアン」

FS:「バトル・オブ・ザ・キングス」

初めて海外の振付師に振り付けを依頼した今シーズン。今注目の新進気鋭の振付師、ブノワ・リショーさんが両プログラムを担当。

ショートから4回転ルッツを組み込んだ高難度プログラム。鎖を解く場面からスタートし、剣を振りかざし戦うシーンがあったりと、映画さながらの迫力のあるものとなっている。

フリーは、重厚な音楽にのせて4回転ジャンプ4本という世界トップクラスの構成で挑む予定。

他のイケメンフィギュアスケート男子を見る

Index

What's Newフィギュアスケート 新着記事

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪