ときめくおしゃれを毎日GET!

アレクサンドル・サマリン★ ジャンプが武器のクレバーな実力派【フィギュアスケート男子】

Alexander Samarin
アレクサンドル・サマリン

アレクサンドル・サマリン Alexander Samarin

1998年6月15日生まれ、ロシア モスクワ出身。

身長178cm。趣味は映画、音楽鑑賞。

2019年ヨーロッパ選手権銀メダル、2019年ロステレコム杯では、生まれ育ったモスクワでグランプリシリーズ初の金メダルを獲得。グランプリファイナルへの出場も果たした。

世界屈指の高難度プログラムに挑む、闘志に溢れたスケーター

アレクサンドル・サマリン Alexander Samarin

サマリンといえば、高さのあるダイナミックなジャンプが魅力。 特に高難度の4回転ルッツ、3回転トーループのコンビネーションジャンプは、ヨーロッパの選手で初めて成功させた経歴をもつ。2019年は安定感が増し、フランス杯、ロステレコム杯ともに成功。高い出来栄え点もプラスされ、ひとつのジャンプで20点を超える高得点を獲得した。 さらにスピン、ステップにおいても、ほとんどの試合で最高レベルのレベル4を獲得するなど、ジャンプ以外のエレメンツでもレベルの取りこぼしがなく、圧倒的な技術点をたたき出している。

サマリンの意外な一面って?

アレクサンドル・サマリン Alexander Samarin

演技後のインタビューではいつも冷静に自分を分析し、クレバーに受け答えるイメージの強いサマリン。実は動物が好きで、自身のInstagramには鳥を肩に乗せたり、ヤギにえさをあげたりする姿が投稿されるなど、チャーミングな一面も。

また、映画鑑賞が趣味というサマリンは、プログラムに映画のサウンドトラックを使用することが多い。昨年のフリープログラム「グレイテスト・ショーマン」では、主人公をイメージした衣装でエネルギッシュな演技を披露。2019年のエキシビションナンバー「ジョーカー」でも、映画を彷彿とさせるような仮面を付けて登場し、会場を大いに沸かせた。

今シーズンのプログラムは?

SP:「ポーリュシカ ポーレ」

FS:「Keeping Me Alive」(Jonathan Roy)

 

ショート、フリー共に振付はニキータ・ミハイロフ。

ショートはロシア歌謡「ポーリュシカ ポーレ」。冒頭のダイナミックなトリプルアクセル、後半の畳みかけるようなステップに注目。

フリーは昨シーズンの終盤に既に滑っていたカナダの歌手ジョナサン・ロイの「Keeping Me Alive」。怪我の影響により万全な状態ではないが、ソウルフルな歌声にのせて情感豊かに滑る姿に期待したい。

SP:「Blues for Klook」
FS: 「Good News」

ショートは、今シーズン特に滑る選手の多い「Blues for Klook」。大人っぽい衣装と力強いステップでブルースを滑り上げる。フリーは、大きな仮面が背中に描かれた衣装が印象的なプログラム。ともに非常に難しい4回転ルッツ、3回転トーループのコンビネーションジャンプから始まる最高難度の構成で挑む。

シーズンの成績

 2020-2021

  • ●ロシア選手権 5位

 2019-2020

  • ●ネペラメモリアル 4位
  • ●【GPシリーズ】フランス杯 2位
  • ●【GPシリーズ】ロステレコム杯 優勝
  • ●【GPシリーズ】グランプリファイナル 4位
  • ●ロシア選手権 3位
  • ●欧州選手権 10位

▷instagram:@alexander.samarin

他のイケメンフィギュア男子を見る

Index

What's Newフィギュアスケート 新着記事

  • 西山真瑚★ シングルとアイスダンスの二刀流次世代スター!【フィギュアスケート男子】

    2002年1月24日生まれ、東京都出身。目黒日本大学高等学校在学。 身長173cm。趣味はF1観戦・スポーツカー鑑賞。 2018年、新たにアイスダンスの種目にも挑戦することを決意。現在男子シングル、アイスダンスの二刀流でシーズンに参戦中。 ついつい女性の華やかさに目線がいきがちなアイスダンスにおいて、唯一無二の輝きを放つ今大注目のスケーター。

    フィギュアスケート

    2021年1月22日

  • 宇野昌磨、羽生結弦、鍵山優真ら出場! 全日本選手権2020の見どころ【フィギュアスケート男子】

    国内の有力選手が一堂に会する全日本選手権の舞台は、6年ぶりの開催となる長野。 北京オリンピックプレシーズンとなる今季。全日本選手権は、オリンピックの出場枠を決める世界選手権の最終選考会も兼ねた非常に重要な大会。さらに宇野昌磨選手、羽生結弦選手にとっては今シーズン最初の試合ということで、その演技に世界から注目が集まる。 また鍵山優真選手、佐藤駿選手をはじめとする若手の台頭により、国際試合さながらの熾烈な戦いが予想される今大会。男子のショートプログラムは25日開催。氷上で繰り広げられる聖夜の一戦をお見逃しなく。

    フィギュアスケート

    2020年12月24日

  • 佐藤駿★ 高難度ジャンプを武器にシニアに参戦! ちょっぴりシャイな若手のホープ 【フィギュアスケート男子】

    佐藤駿 2004年2月6日生まれ、宮城県仙台市出身。 身長162cm。趣味はデメキンの飼育。 2019年ジュニアグランプリファイナル優勝、全日本選手権5位、全日本ジュニア選手権2位。 ジュニアで鍵山優真選手と双璧をなしていた若手のホープがついに今シーズンよりシニアへ。4回転ルッツをはじめとした圧倒的なジャンプセンスを武器に北京オリンピックピック代表を目指す。 試合の必需品はパンダのティッシュケース。

    フィギュアスケート

    2020年12月24日

  • 羽生結弦★ 世界が認める麗しき絶対王者。その魅力を徹底解剖!【フィギュアスケート男子】

    1994年12月7日生まれ、宮城県仙台市出身。身長172cm。趣味は音楽鑑賞。オリンピック2連覇、グランプリファイナル4連覇、世界選手権2回優勝したほか、ショート、フリーの歴代最高得点など、数々の記録を塗り替えてきた絶対王者。2018年、個人最年少での国民栄誉賞受賞。国内外を問わず多くの人々を魅了する、日本が誇る世界的スーパースター。今季は前人未踏の4回転アクセルの習得を目指す。

    フィギュアスケート

    2020年12月24日

  • 【宇野昌磨】挑戦と栄光の軌跡|2014~2020年の試合をプレイバック!【フィギュアスケート男子】

    平昌オリンピック銀メダリストで全日本選手権4連覇。見る者の心を揺り動かす情熱のスケーター・宇野昌磨。 初めて4回転ジャンプを習得し、世界ジュニア選手権で優勝したジュニアラストシーズンから、コーチ不在の中自分と向き合い続けた激動の2019-2020シーズンまでを、厳選写真とともにプレイバック。

    フィギュアスケート

    2020年12月23日

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪