ときめくおしゃれを毎日GET!

ステファン・ランビエール★ イケメン過ぎるコーチとして世界中が注目!【フィギュアスケート男子】

Stéphane Lambiel
ステファン・ランビエール

コーチとして選手を見守るステファン・ランビエール(ステファン・ランビエル)

1985年4月2日生まれ、スイス出身
氷上のアーティストの異名をもつスイスを代表するスケーターで、2006年トリノオリンピック男子シングル銀メダリスト。
2010年に競技から引退、プロスケーターに転向後は世界中のアイスショーで観客を魅了し、現在は振付師、コーチとしても活躍中。

イケメン過ぎるコーチとして話題!

ステファン・ランビエール(ステファン・ランビエル)コーチとグータッチを交わす弟子の島田高志郎

競技引退後もそのイケメンすぎる容姿が試合会場で話題になるステファン。演技後、選手と一緒に採点結果の発表を待つ"キス&クライ"では、ついステファンに目が行ってしまうという声もちらほら。2016年からラトビアのデニス・ヴァシリエフスのコーチに就任。まるで映画のスクリーンから飛び出してきたかのようなイケメンツーショットは、スケートファンのみならずお茶の間の視線を釘付けにした。演技後のリプレイ映像では、なぜかデニスと、その演技を見守るステファンの姿の2画面で放送されるという人気っぷり。出演したアイスショーで息をのむほど美しい師弟コラボレーションプログラムを披露したことも。故郷を離れて暮らすデニスはステファンの自宅で下宿生活を送っており、アスリートに欠かせない食事や睡眠時間の管理もステファンが担当。

さらに2017年からは日本の若手のホープ島田高志郎が新たに門下に入り、スイスのシャンペリーでステファンの指導を受けている。

キス&クライで点数を待つラトビアのデニス・ヴァシリエフスとコーチのステファン・ランビエール(ステファン・ランビエル)と

ステファン・ランビエールの現役時代は?

ポエタを披露し優勝した現役時代のステファン・ランビエール(ステファン・ランビエル)

ステファンといえば芸術性の高いプログラムと、世界一とも言われる軸の揺らがない高速スピン。その武器でスイス選手初となる世界選手権2連覇、2006年トリノオリンピックでは銀メダルを獲得するなど、数々の華々しい成績を残してきた。2010年バンクーバーオリンピックでは髙橋大輔と0.51点差で惜しくも4位と表彰台を逃し、惜しまれつつ引退を表明、プロスケーターへと転向した。彼の代名詞とも言われた美しいスピンは、教え子のデニスにも受け継がれている。

現役時代の美フォトギャラリーはコチラ

プロスケーターとしてアイスショーでも大活躍

現役時代のステファン・ランビエール(ステファン・ランビエル)

引退後は世界各国のショーに引っ張りだこのステファン。日本でも数多くのアイスショーに出演しており、毎月のように日本に来ることも。ショーではコーチの顔からプロスケーターの顔に変身、セクシーに客席を煽るパフォーマンスに、彼が目の前を滑るだけであちこちから黄色い悲鳴が上がる。さらに最近では、フィギュアスケート×源氏物語の融合で話題を呼んだアイスショー「氷艶hyoen2019-月光かりの如く-」に出演。平安装束に身を包み、光源氏の異母兄である朱雀帝を演じるなど、常に新たなフィギュアスケートの表現に挑戦し続けている。

髙橋大輔、羽生結弦など日本人選手との交流も!

アイスショー「Fantasy on ice」に出演するステファン・ランビエール(ステファン・ランビエル)

日本のトップ選手を集めた強化合宿の講師も務めるほど、日本と深い繋がりのあるステファン。荒川静香とショーでペアダンスに挑戦したり、戦友・髙橋大輔の振付を担当したりするなど、現役時代を共にしてきた仲間との交流も続いている。羽生結弦や宇野昌磨といった、アイスショーで一緒になることが多い現役選手たちとも仲がよく、日本人選手の記念撮影や、キス&クライに自然に同席している姿も見られ、ネットでは「ステファンがなぜそこにいるの?」としばしば騒がれる。

宇野昌磨の新コーチも務めるステファン・ランビエール(ステファン・ランビエル)

今季メインコーチを付けずにシーズンに挑んでいる、宇野昌磨選手のジャンプの指導も務めたステファン。先日開催されたグランプリシリーズのロステレコム杯では、その流れで宇野選手に帯同。演技後、宇野選手を温かなハグと激励の言葉で迎え、キスアンドクライで笑顔で隣に座る姿が大きな話題を呼んだ。年末に開催された全日本選手権では、これまで不調だった宇野選手を優勝に導き、年明けより正式なコーチに就任した。

  • ステファン・ランビエールの軌跡★ イケメン写真もたっぷり堪能!【フィギュアスケート男子】

    「氷上のアーティスト」と呼ばれるスイスのステファン・ランビエール。 輝かしい現役生活から引退後は、アイスショーで大活躍。 現在はショー出演のかたわら、後世の育成にも情熱を傾けている。 男女問わず日本のスケーターたちとの関わりも深く、母国スイスにて島田高志郎、宇野昌磨らを指導。 モデルのようなルックスで、イケメンコーチとしても話題のステファンの、現役時代からこれまでの軌跡を美しい写真とともにプレイバック。

他のイケメンフィギュア男子を見る

Index

What's Newフィギュアスケート 新着記事

  • 西山真瑚★ シングルとアイスダンスの二刀流次世代スター!【フィギュアスケート男子】

    2002年1月24日生まれ、東京都出身。目黒日本大学高等学校在学。 身長173cm。趣味はF1観戦・スポーツカー鑑賞。 2018年、新たにアイスダンスの種目にも挑戦することを決意。現在男子シングル、アイスダンスの二刀流でシーズンに参戦中。 ついつい女性の華やかさに目線がいきがちなアイスダンスにおいて、唯一無二の輝きを放つ今大注目のスケーター。

    フィギュアスケート

    2021年1月22日

  • 宇野昌磨、羽生結弦、鍵山優真ら出場! 全日本選手権2020の見どころ【フィギュアスケート男子】

    国内の有力選手が一堂に会する全日本選手権の舞台は、6年ぶりの開催となる長野。 北京オリンピックプレシーズンとなる今季。全日本選手権は、オリンピックの出場枠を決める世界選手権の最終選考会も兼ねた非常に重要な大会。さらに宇野昌磨選手、羽生結弦選手にとっては今シーズン最初の試合ということで、その演技に世界から注目が集まる。 また鍵山優真選手、佐藤駿選手をはじめとする若手の台頭により、国際試合さながらの熾烈な戦いが予想される今大会。男子のショートプログラムは25日開催。氷上で繰り広げられる聖夜の一戦をお見逃しなく。

    フィギュアスケート

    2020年12月24日

  • 佐藤駿★ 高難度ジャンプを武器にシニアに参戦! ちょっぴりシャイな若手のホープ 【フィギュアスケート男子】

    佐藤駿 2004年2月6日生まれ、宮城県仙台市出身。 身長162cm。趣味はデメキンの飼育。 2019年ジュニアグランプリファイナル優勝、全日本選手権5位、全日本ジュニア選手権2位。 ジュニアで鍵山優真選手と双璧をなしていた若手のホープがついに今シーズンよりシニアへ。4回転ルッツをはじめとした圧倒的なジャンプセンスを武器に北京オリンピックピック代表を目指す。 試合の必需品はパンダのティッシュケース。

    フィギュアスケート

    2020年12月24日

  • 羽生結弦★ 世界が認める麗しき絶対王者。その魅力を徹底解剖!【フィギュアスケート男子】

    1994年12月7日生まれ、宮城県仙台市出身。身長172cm。趣味は音楽鑑賞。オリンピック2連覇、グランプリファイナル4連覇、世界選手権2回優勝したほか、ショート、フリーの歴代最高得点など、数々の記録を塗り替えてきた絶対王者。2018年、個人最年少での国民栄誉賞受賞。国内外を問わず多くの人々を魅了する、日本が誇る世界的スーパースター。今季は前人未踏の4回転アクセルの習得を目指す。

    フィギュアスケート

    2020年12月24日

  • 【宇野昌磨】挑戦と栄光の軌跡|2014~2020年の試合をプレイバック!【フィギュアスケート男子】

    平昌オリンピック銀メダリストで全日本選手権4連覇。見る者の心を揺り動かす情熱のスケーター・宇野昌磨。 初めて4回転ジャンプを習得し、世界ジュニア選手権で優勝したジュニアラストシーズンから、コーチ不在の中自分と向き合い続けた激動の2019-2020シーズンまでを、厳選写真とともにプレイバック。

    フィギュアスケート

    2020年12月23日

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪