ときめくおしゃれを毎日GET!

ステファン・ランビエールの軌跡★ イケメン写真もたっぷり堪能!【フィギュアスケート男子】

ステファン・ランビエール(Stephane Lambiel)

「氷上のアーティスト」と呼ばれるスイスのステファン・ランビエール。

7歳の時からスケートを始め、2000年からシニアクラスにも参戦、2度の世界選手権優勝、トリノオリンピック銀メダルなどを経て、2010年3月に競技を引退した。

輝かしい現役生活から引退した後は、プロスケーターとしてアイスショーで大活躍。

現在はショー出演のかたわら、後世の育成にも情熱を傾けている。 男女問わず日本のスケーターたちとの関わりも深く、母国スイスにて島田高志郎、宇野昌磨らを指導。 モデルのようなルックスで、イケメンコーチとしても話題のステファンの、現役時代からこれまでの軌跡を美しい写真とともにプレイバック。歴代の衣装にも注目。

01 運命を切り開いた2005年世界選手権。ワールドチャンピオンの誕生

ステファン・ランビエール(Stephane Lambiel) ジェフリー・バトル 世界選手権

2004年の世界選手権で4位と惜しくも表彰台を逃したステファン。

2005年世界選手権では、難易度を上げて得点を上げるためにフリーのプログラムを変更し臨んだ。ショートで1位に付けると、フリーでもライバルたちがミスを連発する中、見事4回転トーループを成功させ、世界チャンピオンに輝いた。

シニアの国際大会での初めてのメダルが、世界選手権での金メダルとなった。

この時ステファン・ランビエール19歳。

2位はカナダのジェフリー・バトル、3位はアメリカのエヴァン・ライサチェク。

ステファン・ランビエール(Stephane Lambiel)

姉・シルヴィアさんと喜びのハグを交わすステファン。

  

ステファン・ランビエール(Stephane Lambiel)

この頃キス&クライでよく披露していたポーズは、グッズを集めるほど大好きなてんとう虫をイメージしたもの。

  

02 2006年トリノオリンピックでの銀メダルと、世界選手権2連覇

ステファン・ランビエール(Stephane Lambiel)

ステファンにとって2度目のオリンピック。4年前のソルトレークシティオリンピックとは置かれている環境が大きく異なり、現世界王者として大きなプレッシャーがかかった大会となった。

試合の2週間前に膝を痛めるトラブルに見舞われながらも、ショートでは持ち前の表現力を披露し3位に。フリーのヴィヴァルディの「四季」では、冒頭で4回転トーループからの3連続ジャンプを見事着氷。その後ミスがあったものの、自身の代名詞でもある美しいスピンで観客を魅了し、銀メダルを獲得した。

表彰式では感極まって涙を流すシーンも。

    

ステファン・ランビエール(Stephane Lambiel)

ディフェンディングチャンピオンとして迎えた2006年の世界選手権。

オリンピックでの勢いそのままに、クリーンな演技で優勝、スイス選手として初めての2連覇を達成した。

  

03 一時情熱を失うも、世界選手権出場を決意。名プログラム「ポエタ」の誕生

ステファン・ランビエール
ステファン・ランビエール

2006-2007年シーズン。オリンピック銀メダルと世界選手権を2連覇したことで競技に対するモチベーションを失い、ヨーロッパ選手権を欠場した。

この年、シーズンのラストを飾る世界選手権の舞台は東京。ステファンは、日本のアイスショーのプロデューサーからラブコールを受けたこともあり、大好きな日本のファンの前で再び滑ることを決意した。

フリーに選んだプログラムは、後にステファンの代表作となるフラメンコ「ポエタ」。ショートでミスがあり6位と出遅れたものの、フリー2位と巻き返し、銅メダルを獲得した。

ステファン・ランビエール  髙橋大輔 ブライアン・ジュベール

1位はフランスのブライアン・ジュベール、2位は髙橋大輔。

  

ステファン・ランビエール(Stephane Lambiel)

2007-2008年シーズン。フリーは引き続き「ポエタ」。トリノで行われたグランプリファイナルでは、総合得点でショート1位だった髙橋大輔を上回り、逆転優勝を果たした。

写真は、2007年ハルビンで開催された中国杯。結果は3位。

  

04 ケガから復帰し、3度目のオリンピック出場

ステファン・ランビエール(Stephane Lambiel)

2008年10月、左足内転筋を痛めたことを理由に競技会からの引退を表明。

2009-2010年シーズン。ケガが回復したこともあり、オリンピックを目指し競技に復帰。

迎えた2010年のバンクーバーオリンピックでは、3位の髙橋大輔に僅かに及ばず惜しくもメダルを逃した。

その年の世界選手権には出場することなく、惜しまれながら引退を発表した。

ステファン・ランビエール(Stephane Lambiel) デニス・ヴァシリエフス

ショートは、いつかプログラムに使いたいと取っておいたという「ウィリアム・テル序曲」(写真)。フリーはワルツの「椿姫」。

  

05 引退後、プロスケーターとして世界各国のアイスショーに出演

ステファン・ランビエール(Stephane Lambiel)

華々しい競技生活からの引退後、プロスケーターとしてアイスショーに精力的に出演。日本、韓国、アメリカ、イタリアなど世界中を飛び回り、「世界一」と称されるスピンや情熱的な演技で多くの観客を魅了した。

ショーでは常に新しいことにチャレンジし、日本のラブソングや弟子のデニス・ヴァシリエフスとのペアプログラムを披露したり、フィギュアスケートと日本文化を融合させた「氷艶hyoen2019 ―月光かりの如く―」では、平安装束に身を包み、『源氏物語』の朱雀帝を熱演した。

また豊かな表現力と芸術性を活かして、振付師としての活動もスタート。

かつてともに戦った髙橋大輔や、カザフスタンの英雄、故・デニス・テンの「ブエノスアイレスの春」などを担当した。

コーチ業で忙しい現在も、自身のプログラムや、ミハイル・コリヤダ、デニス・ヴァシリエフス、島田高志郎などトップスケーターの振付も多数手掛けている。

ステファン・ランビエール

羽生結弦ら世界有数のスケーターが出演するアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」で、客席を沸かすステファン。

  

06 コーチとしての活動をスタート。弟子たちに受け継がれていく技術と情熱

ステファン・ランビエール

2014年に、スイス・シャンペリーにスケート学校を創設。
2016年からラトビアのデニス・ヴァシリエフスのコーチに就任。
日本選手の強化合宿で指導した縁もあり、2017-2018年シーズンから島田高志郎のコーチも務める。

ステファン・ランビエール

スイスのステファンの自宅に下宿して練習を積むデニス・ヴァシリエフス。美しすぎる師弟としても話題に。

ステファン・ランビエール

ステファンのことを父親のように信頼しているという、日本の次世代のエース島田高志郎との演技前の一幕。恒例のグータッチを交わし、試合に送り出す。

ステファン・ランビエール

弟子の演技を真剣に見守る表情や、手を叩き飛び跳ねながらジャンプの成功を喜ぶ姿など、コーチとしてのステファンもいつも注目の的。

ステファン・ランビエール

2018年のジュニアグランプリファイナルでは、現役時代の戦友ブライアン・ジュベールと、コーチとして対面するという場面も。

ステファン・ランビエール 新コーチ 宇野昌磨

アイスショーなどでの共演も多いことから親交も深く、以前から宇野昌磨の才能を高く評価していたステファン。山田満知子コーチ、樋口美穂子コーチの元を離れ、メインコーチを付けずにシーズンに挑んでいた宇野のジャンプの指導も務めた。

2019-2020年シーズンのグランプリシリーズ・ロステレコム杯では、その流れで宇野に帯同。演技後、温かなハグと激励の言葉で迎え、キス&クライで笑顔で隣に座る姿が大きな話題に。

年末に開催された全日本選手権では、シーズン中不調だった宇野を優勝に導き、年明けより正式なコーチに就任した。

他のイケメンフィギュア男子を見る

Index

What's Newフィギュアスケート 新着記事

  • 鍵山優真、佐藤駿、友野一希ら出場! グランプリシリーズ NHK杯2020の見どころ【フィギュアスケート男子】

    前回大会では羽生結弦選手が2位に55点以上の大差をつけ4度目の優勝を果たした。今大会、羽生選手は今シーズンのグランプリシリーズの欠場を発表しているため、前回覇者不在の大会となる。 注目は今シーズンシニアデビュー、ジュニア時代からしのぎを削ってきた鍵山優真選手、佐藤駿選手のライバル対決。

    フィギュアスケート

    2020年11月25日

  • 佐藤駿★ 高難度ジャンプを武器にシニアに参戦! ちょっぴりシャイな若手のホープ 【フィギュアスケート男子】

    佐藤駿 2004年2月6日生まれ、宮城県仙台市出身。 身長162cm。趣味はデメキンの飼育。 2019年ジュニアグランプリファイナル優勝、全日本選手権5位、全日本ジュニア選手権2位。 ジュニアで鍵山優真選手と双璧をなしていた若手のホープがついに今シーズンよりシニアへ。4回転ルッツをはじめとした圧倒的なジャンプセンスを武器に北京オリンピックピック代表を目指す。 試合の必需品はパンダのティッシュケース。

    フィギュアスケート

    2020年11月18日

  • デニス・ヴァシリエフス★ 料理が得意なラトビアの王子様スケーター【フィギュアスケート男子】

    1999年8月9日生まれ、ラトビア出身。身長176cm。趣味はテレビゲーム、歴史、絵を描くこと、読書、料理。2018年世界選手権6位。音楽の特徴を捉えた表現が得意で、観客を引き込む演技に定評があるラトビアの新星。ステファン・ランビエールコーチ譲りの美しいスピンが代名詞。愛称はラトデニ。

    フィギュアスケート

    2020年11月18日

  • 2020-2021年グランプリシリーズ大会情報&イケメン出場選手をチェック!【フィギュアスケート男子】

    新型コロナウィルスの影響を受けて、今年のフィギュアスケートグランプリシリーズは通常と大きく仕様を変えての開催。各選手1試合のみの出場で、各大会のエントリーは、その国の出身者や同国を拠点として練習している選手が対象となる。 またグランプリシリーズの結果をもとに上位6名が出場できるグランプリファイナルは延期。 さらに新型コロナウイルス感染再拡大の影響で、チャ・ジュンファン選手が出場予定だった第2戦カナダ大会、宇野昌磨選手、島田高志郎選手、デニス・ヴァシリエフス選手が出場予定だった第4戦フランス大会は中止となっている。

    フィギュアスケート

    2020年11月6日

  • チャ・ジュンファン★ 長身&小顔な韓国男子フィギュア界の絶対的エース!【フィギュアスケート男子】

    車 俊煥、チャ・ジュナン、차준환 2001年10月21日生まれ、韓国 ソウル特別市出身。身長178cm。趣味は音楽、映画鑑賞。2017年以来韓国選手権3年連続チャンピオン。シニアデビュー2年目にして韓国男子史上初のグランプリファイナル出場を果たし、銅メダルを獲得。練習拠点はカナダ・トロント。韓国国内では「フィギュア王子」の愛称で知られ、長身を活かしたダンサブルな演技が魅力。

    フィギュアスケート

    2020年11月6日

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪