ときめくおしゃれを毎日GET!

全日本選手権の楽しみ爆上げ★ 見どころ&注目選手を超ていねい解説!【フィギュアスケート男子】

全日本フィギュアスケート選手権
(東京)

全日本フィギュアスケート選手権

● 日程

2019年12月19~22日

● 場所

国立代々木競技場 第一体育館

● 主な出場選手

宇野昌磨

鍵山優真

佐藤駿

島田高志郎

髙橋大輔

田中刑事

友野一希

羽生結弦

山本草太

● 見どころ

日本全国6ブロックで開催される予選を勝ち抜き、さらにその次の東日本・西日本大会で上位になった者と、予選免除者のみが出場することができる全日本フィギュアスケート選手権。

3月に開催される世界選手権に出場する選手の選考会も兼ねた、重要な試合である。

4年ぶりの王座奪還なるか、羽生結弦

羽生結弦

見どころはやはり、4年ぶりの出場となる羽生結弦選手と、現在3連覇中の宇野昌磨選手の優勝争い。

羽生と宇野が同じリンクで滑るのは2019年3月の世界選手権ぶり。 直近のグランプリファイナルで、4回転ルッツを解禁し、自身の最高難度のプログラムに挑戦するも、惜しくもネイサン・チェン選手に敗れた羽生。演技後のインタビューでも悔しさを滲ませ、並々ならぬ闘志を燃やしている。

3連覇中の宇野昌磨。全日本選手権で復活劇を見せるか

宇野昌磨

今季メインコーチを付けずにグランプリシリーズに参戦した宇野は、グランプリシリーズ初戦となったフランス杯でまさかの総合8位。続くロステレコム杯では4位となり、グランプリファイナルの出場を逃した。しかし、演技の中では前半で抜けてしまったジャンプを後半に挑戦するなど、最後までスケートへの熱い執念を見せた。

その後はスイスでステファン・ランビエールのもとで練習を積み、万全の態勢で全日本選手権4連覇に挑む。

髙橋大輔、思い出の地で、シングルラストスケーティング

また、今回の会場は2005年大会以来14年ぶりの開催となる代々木第一体育館。その2005年に男子シングルで優勝したのが、今大会で羽生、宇野らと表彰台を争う髙橋大輔選手である。

2018年に現役復帰し、2020-2021シーズンよりアイスダンスに転向する髙橋は、この思い出の場所での全日本選手権がシングルでの最後の試合となる。2018年の全日本選手権では、宇野に続く2位に入った髙橋。「世界一」と称されるステップと、大人の表現力で今回もメダルを狙う 。

自分のスケートに向き合い続けるベテラン・田中刑事

田中刑事(たなかけいじ)

前回大会で3位、今回で11回目の出場となる田中刑事選手は、今季3年ぶりにグランプリシリーズで表彰台に上がるなど、ベテラン選手ながら日々進化中。

ショートはインパクト抜群の柄シャツ姿で「Hip Hip Chin Chin」の曲にのって軽快に滑り上げ、フリーでは映画『シャーロック・ホームズ』をテーマに探偵の苦悩を表現するなど、まったく異なるストーリーを演じ、新たな魅力を披露している。

今シーズンのテーマでもある"攻め"の姿勢で、全日本選手権での4年連続の表彰台を狙う。

"結果"を追い求める魂のスケーター・山本草太

山本草太

長く苦しんだケガから復帰3シーズン目となる山本草太選手。今季から4回転サルコーを試合に取り入れるなど、年々構成をレベルアップ。

今シーズン、特に今大会に照準を合わせて練習を積んできたという山本。

全日本選手権という大きな舞台で、完全復活を目指す。

悲願の全日本選手権表彰台と、世界選手権で伝説の演技の再演を。友野一希

友野一希(とものかずき)

2017年より2大会連続4位の友野一希選手。今シーズンより新たに4回転トーループを構成に組み込み、悲願の表彰台と世界選手権出場を目指す。先に開催されたグランプリシリーズではショートで苦戦しているが、スピンやステップでは最高評価のレベル4を獲得するなどジャンプ以外の要素でも技術を磨いている。コンテンポラリーダンスを取り入れた独創的なショートと、キレのある振付と伸びやかなスケーティングが魅力のフリー「ムーラン・ルージュ」は必見。

シニアデビューの若手注目株・島田高志郎

島田高志郎 しまだこうしろう

今年シニアデビューの島田高志郎選手。

前回大会では、当時まだジュニア選手ながらショートで3位に付け、フリーでは最終滑走を務め総合5位に入った実績をもつ。

今季はグランプリシリーズ2戦に出場し、シニアの大会での経験も積んできた島田。4回転ジャンプの種類も増やし、昨年より何倍もパワーアップして大会に臨む。

シニアと戦う実力は十分・佐藤駿、鍵山優真

忘れてはならないのが、今季、世界に名を轟かせているジュニア選手たち。

直近のジュニアグランプリファイナルでジュニアの世界最高得点を更新し、優勝したばかりの佐藤駿選手は、シニアでも跳ぶことができる選手が少ない、高難度の4回転ルッツが武器で、表彰台に上る可能性は十分。 ちなみに憧れの選手は、同じ仙台出身の羽生選手。今シーズンのフリー「ロミオとジュリエット」は、羽生が2011年の全日本選手権で初めてメダルを手にした時のプログラムでもある。

鍵山優真
写真は鍵山優真

前回大会で初出場にして最終グループに入り、堂々の全日本デビューを果たした鍵山優真選手。

2019年の全日本ジュニア選手権では、圧倒的な演技で優勝を勝ち取った。ジュニアグランプリファイナルではショートでのミスが響き、惜しくも4位と表彰台を逃したものの、実力は十分。コーチは、2度オリンピック代表に選ばれた経歴をもつ父、鍵山正和さんで、親子二人三脚で今大会表彰台を目指す。

毎年様々なドラマが生まれる全日本選手権。 ベテラン勢が表彰台を独占するのか、その間に若手有力選手たちが割って入るのか。国内大会ながら、非常にハイレベルな戦いが予想される。

イケメンフィギュア男子を見る

Index

What's Newフィギュアスケート 新着記事

Rankingランキング

今日の運勢 誕生日占い

Instagramインスタグラム

Twitterツイッター

フォローしてね!
non-no Web会員になりませんか?
限定プレゼント応募やオススメ情報をいち早くGET!
登録はこちら♪